日本薬局方の第二追補から17改正に向けた動きについて

日本薬局方の第二追補から17改正に向けた動きについて、専門機関の先生よりご紹介いただきます。

日本薬局方セミナー「日本薬局方の第二追補から17改正に向けた動き」

日時
2014年9月5日(金) 14:00~16:30 (開場13:00)
会場
幕張メッセ 国際会議場2F 国際会議室
聴講料
無料
定員
400名
事前申込
事前申込は締め切りました。
「理化学試験法委員会及び溶出試験法関連の話題」(14:00~14:40 )
内容
理化学試験法委員会の第二追補関連の話題と、17改正に向けた状況について概説すると共に、溶出試験法関連の最近の話題や、17改正で収載予定の皮膚適用製剤の放出試験法に関してご紹介します。
講師
国立医薬品食品衛生研究所 客員研究員
四方田 千佳子

質疑応答および休憩 14:40~14:50

「バイオ医薬品の品質評価に関する最新動向」(14:50~15:30 )
内容
近年のバイオ医薬品の開発・承認品目の増加に対応して、日本薬局方においても、バイオ医薬品各条の収載や、バイオ医薬品の品質評価に関連した一般試験法及び参考情報の整備が進んでいます。本講演では、バイオ医薬品の確認試験、純度試験、定量法等において汎用されている分析法や、新たな品質評価法開発のために利用が期待される分析法、ならびに日本薬局方におけるバイオ医薬品関連試験法の整備状況について、ご紹介します。
講師
国立医薬品食品衛生研究所 生物薬品部 第二室長
石井 明子

質疑応答および休憩 15:30~15:40

「レーザー光を用いた粒子径分布の測定について」(15:40~16:20 )
内容
第16改正日本薬局方参考情報に「レーザー回折法による粒子径測定法」が収載されており、また第1追補参考情報には「動的光散乱法による液体中の粒子径測定法」が収載されています。近年、レーザー光を用いてナノ粒子のサイズから数百ミリメートルまでの粒子径分布測定が行われています。レーザー光を用いた粒子径測定法の原理、医薬品粉体及び溶液中の粒子径分布の測定事例についてご紹介させていただきます。
講師
武蔵野大学薬学部客員教授 SSCI研究所代表 
芦澤 一英

質疑応答および休憩 16:20~16:30

日本薬局方セミナーの参加方法

当日の参加方法

お申込みいただいた方には参加証を返信しますので、会場受付にてご提示ください。

※事前申込みの方は開演15分前までにご入場ください。開演15分前以降は当日参加入場を開始します。満席でご入場いただけない場合があります。

お申込方法

事前入場登録は終了しました。

  • JASIS公式アプリ
  • JASIS 2014 出展情報サイト
  • 先端診断イノベーションゾーン
  • JASIS 2014 ご来場のメリット
  • 大切なお知らせ
  • JASISの歩き方
モバイルサイト|PCサイト