特別展示

特別展示

ライフサイエンス&バイオ関連
ビッグデータとインフォマティックス~人間の認知限界を突破するために~

ガルーダプラットフォーム:システムバイオロジーのオープンイノベーションを加速
協力:NPO法人 システム・バイオロジー研究機構、(株)SBX、(株)SBX Technologies プレビュー動画
精密医療・個別化医療を効率的に実現するには、幅広いデータの取得と大規模データの高度な解析技術が必要となる。各種デバイス連携や高品質・高機能解析ツールをシームレスに利用できる環境を提供するために、国内外の研究機関の参加を得て開発した、オープンイノベーション・プラットフォームであるガルーダプラットフォームをご紹介する。
統合型臨床オミックスデータベース(iCOD)‐疾患の臨床病理情報、画像データ、ゲノム/オミックス情報の統合を実現する
協力:東京医科歯科大学 難治疾患研究所・ 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構  田中 博研究室
ゲノム・オミックスなどの網羅的分子情報と電子カルテ・医用画像・検査値・処方歴などの臨床病理情報を統合して蓄積し利用できる次世代型医学データベース
“KNApSAcK”ファミリー:オミックスサイエンスと食のビッグデータを体系化する
協力:奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 金谷重彦研究室
データ・サイエンスとは、データにもとづいて科学の分野間を横断し、現象を解析することにより、政策決定などの意思決定にまでつなぐことが目標となっている。医療,ライフサイエンス、生物科学、生体医工学、さらにはエコロジーの分野を横断し、生薬・食品、生物間相互作用を理解するための二次代謝物情報の体系化を目標としたデータベースKNApSAcK Family DBならびにその活用例を紹介する。
共有と統合を通じて、生命科学データの価値の最大化を(ライフサイエンスデータベース統合推進事業)
協力:国立研究開発法人 科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター(JST NBDC)

JSTバイオサイエンスデータベースセンターが研究開発を支援する、ゲノム、タンパク質、糖鎖、代謝物などのデータの種類やヒト、マウス、植物、微生物などの生物種ごとにまとめた様々なデータベースをご紹介。
多様な生命科学のコンテンツを活用するための情報技術の開発や、データベースを整備して使いやすくする取り組みについても紹介します。

Microbe DB:微生物統合データベース http://microbedb.jp/
東京工業大学地球生命研究所

PDBj:プロテイン データ バンク ジャパン http://pdbj.org/
大阪大学蛋白質研究所 
※JST NBDCブース内でデモを行います

モバイルサイト|PCサイト