先端診断イノベーション関連コンファレンス

関連コンファレンス(先端診断イノベーションフォーラム)

国際会議場では「ヘルスケア」「予防医療」「分析機器関連ビッグデータ」をテーマにしたコンファレンスを3日間開催します。

会場
国際会議場2階 201会議室、3階 301会議室
※先端診断イノベーションゾーン内ではありませんのでご注意ください。
聴講料
各プログラムページでご確認ください。
事前申込
定員
200名

先端診断イノベーションフォーラム1
「アンチエイジングと未病:ヘルスケアにおける最新のエビデンス」

主催団体 (一社)未病システム学会 北海道支部会 場所 201会議室
開催日時 9月2日(水)10:30~15:40 言語
未病に該当するヒトは総人口の約半数にのぼり、健康長寿を全うするうえで未病治療は不可欠である。未病治療は健康食品、運動療法および栄養指導が基本となっているので、本講演ではエビデンスに基づいた予防医療についてそれぞれの立場から最新のお話を頂きます。
参加費 3,000円 事前登録 要(7月中旬WEBより 締切8月28日)
問い合わせ先 事前申込問合先(JASIS事務局 )
TEL E-mail webmaster@jaima.or.jp
URL

プログラム

時間タイトル講演者(所属)
10:30~10:35 開会挨拶 只野 武(金沢大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーヘルケア医学研究室・代表)
10:35~11:15 未病対策のための新しい脂質検査 千葉仁志(北海道大学大学院保健科学研究院・教授)
11:15~12:45 休憩  
12:45~13:25 ロコモティブシンドローム・メタボリックシンドロームに有効な運動療法 石井好二郎(同志社大学・スポーツ健康科学部・教授)
13:25~14:05 未病検知検査による健康長寿の試み 田原栄俊((広島大学大学院医歯薬保健学研究院・基礎生命科学部門・細胞分子生物学研究室)
14:05~14:45 アンチエイジング医療におけるサプリメントの役割 澤登雅一(三番町ごきげんクリニック・院長)
14:45~14:55 休憩  
14:55~15:35 アンチエイジング医療における再生医療からみたプラセンタ療法の実際 日比野佐和子(Rサイエンスクリニック・院長)
15:35~15:40 閉会挨拶 千葉仁志(北海道大学大学院保健科学研究院・教授)
事前申込は締め切りました。

先端診断イノベーションフォーラム2
「分析計測機器から溢れるデータからの知識生成:BD2K」

主催団体 NPO法人 サイバー絆研究所 場所 201会議室
開催日時 9月3日(木)9:50~16:50 言語
いわゆるビッグデータ技術の応用領域として、分析や計測機器の進歩に支えられたディジタルあるいはプレシジョンメディシンへの期待が高まっている。このイノベーションを担うデータサイエンティストには、生物医学や薬づくりや健康科学の専門家と深い対話ができる素養が必要とされるが、そうした人材の不足が日本のアキレス腱になっている。このフォーラムは、分析や計測機器メーカーとの連係を視野に入れて、この課題の解決策を探る。
参加費 NPO 法人サイバー絆研究所、(一社)日本分析機器工業会、(一社)日本科学機器協会の会員は、無料。一般 3,000円。 事前登録 要(7月中旬WEBより 締切8月28日)
問い合わせ先 JASIS事務局
TEL 03-3292-0642 E-mail webmaster@jaima.or.jp
URL

プログラム

時間タイトル講演者(所属)
9:50 開催挨拶  
10:00~10:30 第I部 シーケンサーの進歩とデータからの知識の生成  
10:00~10:30 「NGS/Omicsデータからの知識の生成:実践体験」 茂櫛 薫 (順天堂大学)
10:30~12:00 第II部 簡便な代替モデル開発におけるデータからの知識生成  
10:30~12:00 「モデル生物系によるスクリーニングのデータと解析」 神沼 二眞(ICA)
10:30~12:00 「iPS細胞由来の肝細胞などを用いた医薬品の安全性に関わるスクリーニングと データの扱い」 石田 誠一(国立衛研)
10:30~12:00 「計算毒性学:in Silico(多変量解析/パターン認識と人工知能)の新しい役割」 湯田 浩太郎(インシリコデータ)
12:00~14:00 ランチタイム 休憩 ランチオンセミナー「化学ビッグデータ解析/予測への新規手法(KY法、GALAS法)と適用事例」 インシリコデータ
14:00~15:00 第III部 分析機器からのデータをどう読むか(仮題)  
14:00~15:00 「法医薬毒物分析における予測モデルの活用」 坂 幹樹(東大法医学)
14:00~15:00 「三次元培養組織形成における分析機器への期待」 篠原 満利恵(東大生産研)
15:10~16:10  第IV部 ビッグデータ解析への人工知能の挑戦  
15:10~16:10  「Internet of Things によるセンサーデータのビッグデータ化と人工知能を用いた解析システムの展望」 込山 悠介(東京大学医科研)
15:10~16:10  「人工知能からの新しい産業社会環境の動向」 生島 高裕(数理先端技術研究所)
16:10~16:20 (休憩)コヒー提供(インシリコデータ)  
16:20~16:40 第V部 討論:統計学とパターン認識とビッグデータから思惟工学へ 司会: 根本 直(産総研)、神沼 二眞(ICA)
16:40~16:50 閉会  
事前申込は締め切りました。

先端診断イノベーションフォーラム3
「未病産業研究会の取組み」

主催団体 神奈川県 場所 201会議室
開催日時 9月4日(金) 14:00~16:30 言語
神奈川県では、超高齢社会において成長産業となり得る、神奈川発の「未病産業」という新たな産業を創出することで、国民の健康寿命の延伸と日本経済の活性化を目指しています。この「未病産業」創出に向け、協議や実践の場として活動している「未病産業研究会」の取組みを紹介します。
参加費 無料 事前登録 要(7月中旬WEBより 締切8月28日)
問い合わせ先 兄内(神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局) 事前申込問合先(JASIS事務局 webmaster@jaima.or.jp)
TEL 045-210-2710 E-mail hcnf.mebyo-ict@pref.kanagawa.jp
URL

プログラム

時間タイトル講演者(所属)
14:00~ ヘルスケア・ニューフロンティア~未病産業研究会の取り組みについて~ 神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局職員
14:00~ 未定 PST㈱
14:00~ 未定 ㈱テクノ・スルガラボ
~16:30 未定 クインテセンシア(同)
事前申込は締め切りました。

先端診断イノベーションフォーラム4
「千葉県内で活動している健康・医療を中心としたバイオ・ライフサイエンス分野の紹介について」

主催団体 千葉県バイオ・ライフサイエンス・ネットワーク会議 場所 301会議室
開催日時 9月4日(金)13:00~16:30 言語
千葉県バイオ・ライフサイエンス・ネットワーク会議は、バイオ・ライフサイエンス関連分野における新たな産業や事業の創出を通じて、千葉県経済の発展を図ることを目的として設立された産学官連携組織です。今回は、千葉県内で活動している健康・医療関連企業等の事例を発表させていただくとともにネットワーク会員の活動内容を紹介(展示)いたします。
参加費 無料 事前登録 要(7月中旬WEBより 締切8月28日)
問い合わせ先 渡辺(千葉県産業振興課) Tel: 043-223-2725  E-mail: sangyo-b@mz.pref.chiba.lg.jp / 桜田((公財)かずさDNA研究所) (内容変更の場合がありますので、ホームページで御確認下さい。) 事前申込問合先(JASIS事務局 webmaster@jaima.or.jp)
TEL 0438-52-3957 E-mail bio-network@kazusa.or.jp
URL http://www.kazusa.or.jp/bio-network/index.html

プログラム

時間タイトル講演者(所属)
13:00~13:40 癌ドライバー遺伝子を標的としたアルキル化剤 永瀬 浩喜(千葉県がんセンター研究所 所長)
13:40~13:50 質疑応答  
13:50~14:30 急性から慢性の多彩な症状を呈し難病化するマイコプラズマ感染症への先端医療戦略―ワクチンおよびコンパニオン診断薬―松田 和洋(エムバイオテック㈱ マイコプラズマ感染症研究センター 代表取締役/センター長)
14:30~14:40 質疑応答  
14:40~14:50 休憩  
14:50~15:30 新規抗体医薬の開発:難治性血管炎治療をめざして 鈴木 和男(㈱A-CLIP研究所 代表取締役)
15:30~15:40 質疑応答  
15:40~16:20 医工連携が実現させる Point Of Care Testing ツールの迅速開発 岩渕 拓也(メタロジェ二クス㈱ 代表取締役)
16:20~16:30 質疑応答  
事前申込は締め切りました。
モバイルサイト|PCサイト