日本薬局方セミナー「第17改正日本薬局方最新情報」

第17改正日本薬局方最新情報

日本薬局方の「第17改正日本薬局方最新情報」について、専門機関の先生よりご紹介いただきます。

日本薬局方セミナー「第17改正日本薬局方最新情報」

日時
2015年9月4日(金) 14:00~15:40(開場13:00)
会場
幕張メッセ 国際会議場2F 国際会議室
聴講料
無料
定員
400名
事前申込
事前申込は締め切りました。

講演1:「第17改正日本薬局方の概要」(14:00~14:40)

講師:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 規格基準部 医薬品基準課 理学博士 高山 一成

平成28年3月に告示予定の第17改正に向けては、医薬品各条、一般試験法の新規収載・改正に加え、新たな取組みとして「製造要件の項及び意図的混入有害物質の項の設定」、「各種ICHガイドラインの参考情報への取込み」、「容器・包装関係の整備」、「残留溶媒に対する対応」など様々な改正事項がPMDAに設置された原案審議委員会で議論されました。第17改正日本薬局方に関する最新の検討状況をご紹介します。

質疑応答および休憩 14:40~14:50

講演2:「第17改正における理化学試験法と製剤試験法の改正点」(14:50~15:30)

講師: 一般財団法人 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団 大阪事業所 副所長 薬学博士 四方田 千佳子

理化学試験法関連では,新たに色の比較試験法が設定され、残留溶媒試験法,核磁気共鳴スペクトル測定法が改正された。製剤試験法では、皮膚適用製剤の放出試験法、粘着力試験法が設定され、参考情報として溶出試験装置の機械的校正の標準的方法が収載された。これらについて概説すると共に,進行中の国際調和の動向について紹介します。

質疑応答および休憩 15:30~15:40

当日の参加方法

お申込みいただいた方には参加証を返信しますので、会場受付にてご提示ください。

※事前申込みの方は13:45までにご入場ください。13:45以降は当日参加入場を開始します。満席でご入場いただけない場合があります。

モバイルサイト|PCサイト