出展社詳細

小間番号:6A-707

Restek (れすてっく)

Restek Japan

  • 一般展示
  • 新技術説明会

■事業内容

1985年に創業を開始したRestekは、クロマトグラフィーカラム、サンプル前処理と捕集製品、リファレンススタンダード、機器アクセサリの開発・製造のリーディングカンパニーです。世界中の分析者と協力し、大気、水、土壌、食品、ボタニカル、医薬品、化学・石油製品の品質をモニターするためのツールを提供しています。

この企業に問い合わせる

■みどころ・出展製品

今年の新技術説明会は、Biphenyl固定相のパイオニアであるRestekから、注目のBiphenylカラムのポイントと使い方のコツをご紹介します。併せて大きく選択性を変えたい場合に役立つPFPカラムも併せて解説します。
WebExpo新技術説明会の前期は、カラム変更だけでGCMSの高速分析を実現するLow-Pressure GC(LPGC)カラムキットを取り上げました。LPGCの原理と使い方、残留農薬分析の高速化を実現したアプリケーションを紹介します。後期はGCでよくお問合せをいただくトラブルを中心にその原因や対処法について詳しく解説します。
展示ブースでは知識豊富なスタッフによる製品選定と分析相談をたまわります。皆様のお越しをお待ちしております。

■製品情報

Low-Pressure GC (LPGC) カラムキット

LPGCは,MSの真空と特別に設計したカラムによりカラム全体の圧力を下げて,分析を大幅に高速化する手法です。

Topaz GC 注入口ライナー

Topazライナーの革新的な技術と不活性度が分析種の分解を抑え,良好な再現性と生産性の向上をもたらします

Raptor Polar X コアシェルLCカラム

新しいハイブリッド固定相はグリホサートや非誘導化アミノ酸といった極性化合物の保持と分離に優れます

QuEChERS Q-sep 抽出塩 / dSPE

残留農薬分析を大幅に簡略化できるサンプル前処理法です。抽出塩とdSPEクリーンアップを揃えています。

認証標準物質

分析の第一歩は信頼できる認証標準物質から。ISO17034およびISO17025を取得した工場で製造しています。

Roc HPLC カラム

堅実な性能、卓越した価値、コンパクトな収納を兼ね備えたコンベンショナルHPLCカラム

■新技術説明会

日時 テーマ(内容) 会場
9月9日(金) 14:45~15:15 あなたのラボにもう一本。ODSだけじゃない、おさえておきたい話題のフェニル系カラム A7