小間番号:5A-303 理研計器 (りけんけいき) RIKEN KEIKI Co., Ltd.
  • 一般展示
  • 新技術説明会
  • WebExpo

■事業内容

理研計器は「見えない危険を、見える安心に」をスローガンにあらゆる産業の働く人々をガスから守るため、ガス検知器に関わる全てのサービスを自社による一貫体制でお客様にお届けしています。

■みどころ・出展製品

初代AC-1がリリースされてから35年の歳月を経て、理研計器の技術の粋を凝らした「大気中光電子収量分光装置 ACシリーズ」において、ついに新製品が登場しました!
大気中測定、使いやすさはそのまま!操作性はさらに向上し、サイズが小さくなったAC-2S;
100℃まで昇温可能なサンプルステージに加え、最大2500nW光量の新型ランプを装備したAC-2 Proα;
そして、微小照射スポット(~0.4mm角)機能を持ち、デバイス開発に最適なAC-2S Proβ;
今回はJASIS 2021で実機展示します。現場での測定も承っております。
是非ともブースにお越しいただき、見て、触って、感じてください。

■製品情報

  • 大気中光電子収量分光装置 AC-2Sシリーズ

    35年の技術の結晶、仕事関数測定の専門家!

  • 大気中光電子収量分光装置 AC-3

    4.0~7.0eVエネルギー範囲で測定可能、有機材料に最適!

  • 大気中光電子収量分光装置 AC-5

    多彩な機能をオプションで追加可能!自動サンプリング機能で研究開発の効率がアップ!

  • フェルミ準位測定器 FAC-2

    手軽にフェルミ準位を測定可能!ACシリーズのベストパートナー!

  • ポータブル複合X線分析装置 DF-01

    X線回折と蛍光X線分析を両方揃えた複合X線分析装置。非破壊測定のため、文化財分析に最適!

■資料ダウンロード

■新技術説明会

日時 テーマ(内容) 会場
11月8日(月) 11:05~11:30

画期的な表面分析手法 大気中光電子収量分光装置 AC-2S

303
日時 11月8日(月) 11:05~11:30
テーマ(内容)

画期的な表面分析手法 大気中光電子収量分光装置 AC-2S

会場 303

■WebExpo

検索結果一覧に戻る
  • 展示場ブースレイアウトはこちら