小間番号:5A-301 ジャパンマシナリー (じゃぱんましなりー) JAPAN MACHINERY COMPANY
  • 一般展示

■事業内容

ジャパンマシナリーは1959年に創業し、日本産業界の発展とともに半世紀以上に渡り優れた産業用機械・装置・システム・
パーツ等を海外から輸入することで世界のメーカーと日本国内のユーザー様を結ぶお手伝いをしてまいりました。
産業界各社の様々な要求にお応えできるよう、製品を豊富に取り揃えております。

■みどころ・出展製品

【出展製品】
・原材料受入検査用ハンドヘルド型 空間オフセット型ラマン分光装置 Vaya(Agilent Technologies社)
・次世代型ハンドヘルドラマン化学物質同定装置 RESOLVE(Agilent Technologies社)
・ハンドヘルド型蛍光X線分析装置 S1 TITAN(Bruker Handheld社)
・ハンドヘルド型蛍光X線分析装置 Tracer(Bruker Handheld社)
・実験器具洗浄機 LAB500 (Steelco S.p.A社)
・実験器具洗浄機 LAB610 (Steelco S.p.A社)
・アスベストアナライザー microPHAZIR-AS(Thermo Fisher Scientific社)
・プラスチックアナライザー microPHAZIR-PC(Thermo Fisher Scientific社)

■製品情報

  • アスベストアナライザー microphazir-AS

    近赤外線分光法(NIR)を利用したハンディ型分析装置です。
    非破壊で即時にアスベスト分析が実施できます。

  • ハンドヘルド型蛍光X線分析装置 S1 TITAN

    金属スクラップの受入検査/成分分析/材料判別のための可搬型分析装置です。
    非破壊で判別・仕分けできます。

  • ハンドヘルド型蛍光X線元素分析装置 Tracer

    美術、考古学、先端材料、地球科学等、最先端の研究者様向けのハンドヘルド蛍光X線元素分析装置です。

  • 原材料受入検査用ハンディラマン分光装置

    独自の空間オフセットラマン分光技術(SORS)により、不透明な容器越しの測定ができる画期的な装置です。

  • 化学物質同定用ハンディラマン分光装置

    爆発物、麻薬、有害物質を、密閉された不透明な容器越しに迅速に検出し、同定できる画期的な装置です。

  • ラボ向け小型洗浄機LABシリーズ

    ガラス器具等の洗浄を自動で行う装置です。用途に合わせて洗浄量や洗浄用かごのカスタマイズができます。

検索結果一覧に戻る
  • 展示場ブースレイアウトはこちら