小間番号:5A-203 文部科学省 共用事業 (もんぶかがくしょうきょうようじぎょう) Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology
  • 一般展示

■事業内容

本事業では、国内有数の先端的な研究施設・設備について、その整備・運用を含めた研究施設・設備間のネットワーク構築し、全ての研究者への高度な利用支援体制を有する全国的なプラットフォームを形成することで、我が国の研究開発基盤の持続的な維持・発展に貢献することを目的とします。

■みどころ・出展製品

本年より「NMRプラットフォーム」(理化学研究所)、「顕微イメージングソリューションプラットフォーム」(北海道大学)、「パワーレーザーDXプラットフォーム」(大阪大学レーザー科学研究所)、「研究用MRI共有プラットフォーム」(大阪大学大学院医学系研究科)、以上の4つの課題が採択され「先端研究基盤共用促進事業(先端研究設備プラットフォームプログラム)」がスタートしました。
これらの研究施設・設備について、遠隔利用・自動化を図りつつ、ワンストップサービスによる利便性向上を図り、全国的な利活用を促進、ウィズコロナ・アフターコロナでの研究生産性の向上とイノベーションの推進を目指します。

検索結果一覧に戻る