小間番号:R-5 熊本大学 (くまもとだいがく) Kumamoto University
  • 一般展示

■事業内容

熊本大学は、文学部・教育学部・法学部・理学部・医学部・薬学部・工学部の7学部の総合大学として、知の創造、継承及び発展に努め、知的、道徳的及び応用的能力を備えた人材を育成することにより、地域と国際社会に貢献することを目的としています。

■みどころ・出展製品

1点目は,電場と膜透過を利用した溶存イオンハンドリング技術を紹介します。本技術は,これまでに,溶存イオン(無機イオン・有機酸イオン・金属イオン)分析のための全自動前処理,六価クロムと三価クロムを酸化数別への分離と同時濃縮,インラインで連続濃縮することによる金属イオンやクロロ酢酸類の高感度分析,PET診断のための放射性金属イオンの分離・精製・薬剤合成へと展開してきました。
2点目は,国立大学では本学のみに設置されている二次イオン質量分析装置を紹介します。この装置では,固体材料の表面分析手法として最も感度が高く,微量成分を深さ方向に分析可能です。3次元の元素分布に加え,同位体分析も可能です。

■製品情報

  • 溶存イオンハンドリング技術


    PDFを拡大表示する

    電場と膜透過を利用した溶存イオンハンドリング技術についてご紹介します。

検索結果一覧に戻る
  • 展示場ブースレイアウトはこちら