(特非)研究実験施設・環境安全教育研究会

ブースNo.AB-67、AB-68Website
主な出展製品

安全で快適な実験環境の共創を目指して
キーワード:1)実験研究の環境安全、2)安全で快適な実験環境、3)産学協同による活動
特長:1)科学技術立国を支える実験研究の基盤整備を目指すNPO法人です。、2)研究の先端性・独創性と安全・規則遵守とのバランスを目指します。、3)アカデミアとサプライヤの緊密な連携・協働で運用しています。

見どころ情報

本研究会では、多様化する幅広い研究領域において、実験の重要性と環境安全確保とをバランスさせながら、実験作業の効率を損なうことなく新しい実験研究を推進するための「教育手法の改善」および「実験作業環境の整備」を目指しています。大学や研究所に所属する実験室のユーザーと、その設計や設備を提供する民間企業のサプライヤが協力して、実験作業環境の整備充実に資するツールやガイドライン、教育プログラムの開発を行っています。
コア技術:実験研究現場を対象とする合理的な安全教育・安全管理手法の提案と実践。 局所排気装置をはじめとする実験機器の基礎や維持管理に関する教育教材開発と推奨基準の策定。
ターゲット市場:大学・研究機関の実験研究現場の安全管理担当者。 実験設備、実験機器メーカー。

出展社ホームページ
ページトップ