レオ・ラボ株式会社

ブースNo.6A-802Website
主な出展製品

■Xplore Instruments社 卓上混練機MCシリーズ
オランダの大手化学メーカーDSMにより材料スクリーニングを目的として開発されました。卓上機でありながら、高せん断かつ分散力に優れており、適応材料は汎用樹脂から、エンプラ、スーパーエンプラ、エラストマー材料と多岐にわたります。高硬度のバレルとスクリューにより、操作性と清掃性が向上しコンタミレスの試験が可能となります。1日に多くの試作をこなしたいという要望を満たし、劇的に開発スピードを加速することができます。
成形オプションも充実しており、混練した材料は射出成形、フィルム成形、ファイバー成形により目的の形状に簡単かつ短時間で加工することが出来ます。
セルロースナノファイバー(CNF)、CB(カーボンブラック)、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の混練実績もございます。

■Goettfert社 キャピラリーレオメータRGシリーズ
Goettfert社は創業50年以上の歴史を持ち、ワールドワイドで展開しているレオロジー試験装置の老舗メーカーです。
キャピラリーレオメータRheograph(RG)は、自動制御の高速化・圧力センサの高精度な分解能(±0.005%)により、低〜高速域の広いせん断速度や広い荷重範囲で測定が可能です。
また、成形に合わせた各種オプションにより拡張性にも優れています。
・射出成形向けオプション:PVT測定、熱伝導率測定、粘度の圧力依存性評価
・フィルム、ブロー成形向けオプション:レオテンス(伸長粘度、ドローレゾナンス)
・押出成形向けオプション:不安定流動(シャークスキン)測定、ダイスウェル測定
特に最近では、射出成形におけるCAE解析用の測定機として需要が高まっています。
ガラスファイバー入りの樹脂やインクなどの実績が御座います。

見どころ情報

レオ・ラボ株式会社は、レオロジー分析機器の販売から保守・受託試験・分析まで行うレオロジーに特化した専門企業です。
当社「レオ・ラボ株式会社」の社名の由来は、流動と変形の学問である「レオロジー(Rheology)」からとった「レオ(Rheo)」と実験室・研究室を意味する「ラボラトリー(Laboratory)」の略称である「ラボ(Lab)」を融合させて創られました。
弊社の取扱装置はイギリス、フランス、オランダ、ドイツ、イタリア、アメリカ、デンマークなどからの国内にはない輸入品で、キャピラリーレオメータ、伸長レオメータ、回転型レオメータ、固体粘弾性測定装置、ラボ用小型混練機、ゴム・プラスチックのラボ用試験機など世界の著名な研究所で使われている装置も取扱っております。
本展示会では、キャピラリーレオメータやメルトインデクサ、卓上型混練機、動的粘弾性測定装置、伸長レオメータ、回転レオメータなどを出展予定です。実物をご覧頂く良い機会となっておりますので、是非弊社ブースまでお立ち寄りください。

◎見どころ◎
@Xplore Instruments社 卓上混練機MCシリーズ
材料スクリーニングツールとして必要な操作性、清掃性により短時間で多くの試作をこなすことが可能です。卓上機でありながら高トルクモーターを搭載し、せん断力、分散力に優れ、汎用樹脂から各種エンプラ、エラスマーの混練に対応しています。材料開発で注目されているセルロースナノファイバー(CNF)やカーボンナノチューブ(CNT)、CB(カーボンブラック)、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の混練実績もございます。
AGoettfert社 キャピラリーレオメータRGシリーズ
低〜高せん断速度領域の安定した測定を可能とする高精度圧力センサが、正確な粘度測定を提供します。ガラスファイバーや各種フィラーを添加した材料に対して高荷重タイプの提案が可能です。
粘度測定だけではなく成形加工に合わせた各種オプションをご用意しています。特に射出成形CAE解析の精度アップを目的に、真のせん断粘度測定他、PVT測定オプション、熱伝導率測定オプション、粘度の圧力依存性オプションがお勧めです。
弊社にはレオロジーに詳しい担当者もおりますので、日ごろのお仕事でお困りの事なども是非、弊社にお持ち頂けますと、幸甚です。

関連情報
出展社ホームページ
ページトップ