ジャパンハイテック(株)

ブースNo.4A-403Website
主な出展製品

顕微鏡用冷却加熱ステージは、一台のプログラマーでステージを差し替えることで−190〜1500℃の温度範囲で、必要な温度と観察する試料サイズ、昇降温速度から選択することができる製品です。
温度操作は直感的に操作することができ、導入後すぐにお使い頂くことが可能です。

■顕微鏡用冷却加熱ステージ 10002L  −190〜600℃
 液体窒素自動コントロールにより低温域においても安定したその場観察を実現出来ます。
 オーバーシュートも極限まで制御され、かつ高再現性のホットステージはポリマーやフィルムの溶融、エマルジョンや粉の偏光結晶化、誘電体相転移をはじめ、様々な研究開発分野で応用出来るオプション製品により、プローブを用いた電圧印加やインピーダンス測定を可能にします。

■顕微鏡用加熱ステージ 10016/10042D  室温〜1500℃
 大気、不活性ガス雰囲気(10042Dは真空も可)で使用出来るこのステージは、1000℃以上の高温域においてもハレーションの影響を受ける事無くクリアな観察ができ、粒界成長や相変態、焼結、焼成、発砲、崩壊等の観察を可能とします。

■顕微鏡用延伸ステージ 10073B  −100〜350℃
 既存の顕微鏡に設置後、温度制御をしながら左右同時延伸方式によりサンプルを伸張する為の引っ張りステージです。
 延伸速度は1〜1000μm/secで制御でき、顕微赤外やSAXSへ設置し、構造変化のIn-situ測定への応用も可能です。

見どころ情報

ナノからマクロまでの光学機器に対応する、その場観察用の温度可変ステージを扱っております。
「顕微鏡」「レーザー顕微鏡」「ラマン」「赤外 FT-IR」「小角」「干渉」等に対応した機種がございますので、研究目的に最適な機種をお選び頂けます。
「フリーズドライ」と「湿度」制御観察を可能にした製品群のデモ機展示を合わせて行います。

関連情報
出展社ホームページ
ページトップ