(一財)化学物質評価研究機構 化学標準部

ブースNo.R-1Website
主な出展製品

信頼性の高い測定結果を得るためには、計量計測トレーサビリティの確保された標準物質が不可欠です。計量法トレーサビリティ制度(JCSS)により、日本ではこのような信頼性の高い標準物質が、エンドユーザーの方々へ供給されています。JCSSにおける指定校正機関としての標準物質への取り組み等を紹介します。

見どころ情報

化学分析で得られた測定結果の信頼性が、従来にも増して重要な問題となっています。信頼性の高い測定結果を得るためには、「計量計測トレーサビリティの確保された標準物質」を用いることが重要です。「計量計測トレーサビリティの確保された標準物質」とは、値付けられた「濃度」や「pH値」等について、国際単位系(SI)や国家計量標準等の計量参照とのつながりを証明できる標準物質のことを指します。その中でも計量法トレーサビリティ制度(JCSS)で供給される「JCSSのロゴマークがついた標準物質」は、トレーサビリティ体系図や使用した標準器等の調査を必要とせず、添付されているJCSS校正証明書のみで国家計量標準とのつながりを証明できる便利な標準物質です。本機構化学標準部は、このJCSSに基づく濃度に係る指定校正機関として標準物質(標準ガス、標準液)の校正(値付け)を実施しています。また、新規の標準ガス、標準液を開発するための研究として標準物質の調製方法や濃度測定方法の開発、保存安定性試験を行い、信頼性の高い標準物質の供給に努めています。標準物質の供給及び開発の状況並びに信頼性の高い測定結果の確保に向けた取り組みなどについてご紹介します。

関連情報
出展社ホームページ
ページトップ