ライフサイエンスイノベーションゾーン 「次世代ヘルスケア」と「先端創薬」をリードする分析ソリューション

「ライフサイエンスイノベーションゾーン 」では上記関連の先端分析技術、製品等を広く展示します。また、出展企業プレゼンテーション、商談ラウンジもゾーン内で開催します。
基調講演約30タイトルを以下テーマで三日間開催します。
『次世代ヘルスケア』『ICTの新しい波と薬づくりの未来』『AI/DLのバイオサイエンスへの応用価値』『中分子創薬への分析機器』『21世紀の人口爆発とデータ爆発(食品、農業、水産、環境)』『クライオ電顕:蛋白質単粒子解析の役割』

来場者推移

来場者推移

企業展示

遺伝子解析、蛋白質解析、代謝計測、細胞計測等ライフサイエンス関連のの分析製品、技術をお持ちの約70の企業、大学、公的研究機関が展示、プレゼンテーションをお届けします。「バイオ」「ライフサイエンス」および関連IT分野の最新製品・技術について、出展社と相談できます。

基調講演

ライフサイエンス関連の先端分析技術、世界動向・日本の戦略・最先端研究について、講演を開催します。国内・海外の著名な研究者、ビジネスのトップランナーを講師としてお招きします。

※事前申込の受付開始は7月下旬を予定しています。

9月6日(水) 午前テーマ:次世代ヘルスケア
午後テーマ:ICTの新しい波と薬づくりの未来
9月7日(木) 午前テーマ:AI/DLのバイオサイエンスへの応用価値
午後テーマ:中分子創薬への分析機器
9月8日(金) 午前テーマ:21世紀の人口爆発とデータ爆発(食品、農業、水産、環境)
午後テーマ:クライオ電顕:蛋白質単粒子解析の役割

企業プレゼンテーション(1枠25分、ゾーン内で開催)

ゾーンの出展企業40社以上が発表する予定です。また、デジタルマーケティングについて、人気書籍の著者村上佳代氏らが講演します。三日間で2つのプレゼン会場: <第1会場> 、 <第2会場> で同時開催します。

特別展示

後日発表

商談ラウンジ

出展社商談用スペースを用意します。ご希望の時間帯で事前申込ができます。ビジネスマッチングにご活用ください。

関連コンファレンス(国際会議場)

「恐怖のプロファイリング」

 「対象」のない恐怖を不安といいます。今回は「対象」の存在する「怖さを知る」を中心的話題として、様々な分野の計測に関わるコワイお話を網羅してみました。健康、定量誤差、がん、恐怖惹起物質、死後変化に誤同定問題や市民生活。専門外の方にもわかりやすく「恐怖の分析世界」をどうぞお気楽に、ご不安なくお聞きください。

「次世代ヘルスケアを先導する共創のプラットフォーム: 腸内細菌研究とD2Kサイエンスを例として」

次世代ヘルスケアは体の状態の簡便な計測検査や、処方箋を必要としない大衆(OTC)薬の使用、食事、運動、睡眠、その他の生活様式の工夫による対応が重要になる。そうした対処は必然的に患者や生活者が積極的に関与する「参加型」になる。本講演は自社完結的な研究開発ではない、オープンなプラットフォームの構築やAIの活用を討議する。

「これからの創薬分析が目指すもの~創薬の将来のトレンドを見据えて」

個別化医療の実現を大きなテーマとしたゲノム医療が現在の日本の医療政策の関心事である。本講演では、バイオバンキングに関心をもつ日本のstakeholderとしてさらに、バイオバンクの利用者側の視点で、今後どのような行動が可能なのかを議論する場としたい。

バイオマーケットjp JASIS2017 ライフサイエンスフォーラム

ライフサイエンスイノベーションゾーンと連動したオンライン掲示板を開設中!

ページトップ