サイエンス ステージ会場では、若手研究者、商社、営業マン、メーカーの新入社員といった方々を対象にした科学機器の基礎講座「やさしい科学機器入門」を二日間にわたり開催するほか、公益財団法人日本科学技術振興財団(科学技術館)による科学実験ショーを開催いたします。

やさしい科学機器入門

9月5日(水)~6日(木)の午後、以下企業によるセミナー「やさしい科学機器入門」を開催します。科学機器の原理などをわかりやすく解説します。参加者へは、東京科学機器協会 発行の「科学機器入門」(増補改訂版 定価2,500円)を無料進呈します。

9月5日(水) 13:30~14:00 PCRサーマルサイクラー
14:05~14:35 DNAシーケンサ
14:40~15:10 電気泳動装置
9月6日(木) 13:30~14:00 ホモジナイザー
14:05~14:35 Co2インキュベーター
14:40~15:10 有機合成装置
協力会社:

(株)池田理化、アズワン(株)、(株)マイクロ・テックニチオン、PHC(株)、柴田科学(株)

場所
7ホール イベントスクエア内サイエンスステージ
事前申込
不要
問合せ先
(一社)日本科学機器協会 菅
E-mail:kan@sia-tokyo.gr.jp TEL:03-3661-5131
URL:http://sia-japan.com/
科学実験ショー「基盤実装型センサと遠隔測定」
-公益財団法人日本科学技術振興財団(科学技術館)-

近年は、温度・湿度・気圧・地磁気・角速度・加速度など各種の物理量の測定が、基板に実装した超小型センサで可能になり、またその精度の向上も目を見張るものがあります。
一方で小電力の無線通信技術の発展によって遠隔測定もかなり簡単になってきており、今後様々な興味深い技術が生まれてくることが期待できます。
超小型センサの遠隔測定によって、実際にどのようなことができるのか、近年注目されている超小型模擬人工衛星「CanSat」を1つの事例として、簡単な実験を交えてお話しします。

日時
2018年9月7日(金)
13:00~14:00 / 15:00~16:00
場所
7ホール サイエンス ステージ会場
事前申込
不要
問合せ先
(公財)日本科学技術振興財団 科学技術館運営部 丸山
TEL:03-3212-8544
FAX:03-3216-8443
URL: http://www.jsf.or.jp
分析化学教育DVD上映

9月5日(水)~7日(金)の午前中、(公社)日本分析化学会監修の分析化学DVDを放映します。

上映内容:(各約30分)
9月5日(水)

9月7日(金)
10:20~10:53 分析および分析値の信頼性 -信頼性保証の確立に向けて-
10:55~11:28 高速液体クロマトグラフィー HPLC
11:30~12:04 高速液体クロマトグラフィー質量分析法 LC/MS
場所
7ホール イベントスクエア前サイエンスステージ
事前申込
不要
参加費
無料
ページトップ