「次世代ヘルスケア」と「先端創薬」をリードする分析ソリューション

好評の特別企画「ライフサイエンスイノベーションゾーン」を今年も開催します。

  • メインテーマは『ライフサイエンス市場をリードする分析と計測の新世界 / 健康と医療の接点を探る』
  • 本市場の最前線で活躍する多くの先生方による大好評の基調講演(三日間で28タイトル)を実施
  • 約70社の出展企業・団体
  • 約40タイトルの企業プレゼンを実施
  • 最新の情報が盛りだくさんの企画で開催します。
    是非、この機会にご来場ください。

特別講演
サイエンスによる生命の秘密の解明
東京大学
和田 昭允
深層学習技術が加速する
IT創薬技術の深化
東京工業大学
石田 貴士
データ駆動型から
AI駆動型の分析スタイル
理化学研究所
菊地 淳
ICTの新しい波と薬づくりの未来
NPO法人サイバー絆研究所
神沼 二眞
特別講演
創薬の未来を支える最先端の分析ワークフロー
ノバルティス バイオメディカル研究所
Stephen Martin
特別講演
肺癌撲滅を目指して
~早期発見と早期診断の重要性~
新座志木中央総合病院
加藤 治文
分析技術が招く次世代バイオ
医薬品開発研究
東京工業大学
津本 浩平
クライオ電顕:
単粒子解析によるタンパク質と
その複合体の構造解析
産業技術総合研究所
佐藤 主税
特別講演
ガンを観る目を研ぎ澄ます
筑波大学
重川 秀実

2017年の基調講演も続々決定中!

  テーマ 時間 演題 所属 講演者
9/6
(水)
次世代
ヘルスケア
講演テーマ
次世代ヘルスケア
講演概要
我が国の政策「次世代ヘルスケア」を鑑み、分析技術の役割と将来を過去から未来に向けて展望。
10:20-11:00 バイオテクノロジの生み出す新たな潮流(仮題) 経済産業省 商務情報政策局 生物化学産業課・課長 西村 秀隆
特別講演 11:20-12:00 サイエンスによる生命の秘密の解明 東京大学 名誉教授 和田 昭允
12:20-13:20 製薬の未来を支える最先端の分析ワークフロー ノバルティス バイオメディカル研究所
アナリティカルサイエンス&イメージング部門 部門長
Stephen Martin
先端創薬
講演テーマ
ICTの新しい波と薬づくりの未来
講演概要
医薬品開発では、改革の機運が高まっているが、未来はまだ見えていない。そこにICTの新しい大波が押し寄せている。
この2つの課題を展望する。
13:45-14:05 薬薬づくりの危機とICTの新しい波 NPO法人サイバー絆研究所 理事長 神沼 二眞
14:05-14:25 AI創薬の現状と将来 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 機構長特別補佐 田中 博
14:25-14:45 スマホで始まる未来の医療現場を活かし
経営に資する身近なICTによる構造改革
東京慈恵会医科大学 先端医療情報技術研究講座 畑中 洋亮
14:45-15:05 創薬研究の新しい潮流 塩野義製薬株式会社 シニアフェロー 坂田 恒昭
15:05-15:25 腸管軸(Gut-Liver Axis)からみる
腸内細菌叢と医薬品のかかわり
国立医薬品食品衛生研究所 第三室長 石田 誠一
15:30-16:05 ディスカッション(上記5氏による)ICTの新しい大波は研究者の働き方をどう変えるか
  テーマ 時間 演題 所属 講演者
9/7
(木)
人工知能・
深層学習、
バイオへの
応用を予測
講演テーマ
AI/DLのバイオサイエンスへの応用価値
講演概要
人工知能・深層学習がバイオサイエンス研究を大きく加速する。その方向性と事例をもって討議。
10:20-10:40 人工知能・機械学習が加速するIT創薬 国立大学法人 東京工業大学 情報理工学院 
情報工学系 知能情報コース 准教授
石田 貴士
10:40-11:00 人工知能と高性能オミックス解析の連携が
もたらす未来型健康社会
国立大学法人 東京工業大学生命理工学院 准教授 林 宣宏
11:00-11:20 ソーシャル創薬プロジェクト 株式会社シャルクス 代表取締役 山本 一樹
11:20-11:40 開発者から見たAIシステム開発の
パラダイムシフト
株式会社システム計画研究所 シニアリサーチャー 上島 仁
11:45-12:15 ディスカッション(上記4氏による)
 
講演テーマ
中分子創薬への分析機器
講演概要
医薬品開発の新展開は、生体内分子挙動解明における先端分析技術と臨床医療現場の融合により加速する。
本シンポジウムでは先端分析技術の可能性を探る。
特別講演 12:30-13:10 肺癌撲滅を目指して~
早期発見と早期診断の重要性~
新座志木中央総合病院 名誉院長 加藤 治文
早期治療を
実現する
早期先端
診断の役割
13:30-13:50 分析技術が招く次世代バイオ医薬品開発研究 東京大学 工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 
医科学研究所 創薬機構 教授
津本 浩平
13:50-14:10 プロテイン-プロテイン相互作用を阻害する
中分子有機化合物探索の手法
(株)バイオシス・テクノロジーズ 取締役 & 
CTO聖マリアンナ医科大学 講師
中山 登
14:10-14:30 ナノバイオデバイスが拓く未来医療・創薬 名古屋大学大学院工学研究科・先端ナノバイオデバイス研究センター 
教授・センター長
馬場 嘉信
14:30-14:50 溶液構造解析が切り開く創薬研究の新展開 ライオン株式会社 研究開発本部 小倉 卓
14:55-15:25 ディスカッション(上記4氏による)
  テーマ 時間 演題 所属 講演者
9/8
(金)
未来社会と
生活を
支える
サイエンス
の可能性
講演テーマ
21世紀の人口爆発とデータ爆発
講演概要
サイエンスの進化はICTをもって加速的に進歩している。計測・解析技術開発の展開が人々の暮らしにどんな可能性をもたらすか。
10:20-10:25 IoT・ビッグデータ・AIの第4次産業革命で
見直す環境資源
特定国立研究開発法人理化学研究所 環境資源科学研究センター
環境代謝分析研究チーム チームリーダー
菊地 淳
10:25-10:40 NMRデータから見る農と食のサイエンス 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 
食品研究部門 主任研究員
関山 恭代
10:40-10:55 次世代のIoTセンサーが実現する
農業におけるデータの利活用
ベジタリア株式会社 事業開発本部 マネージャー 山崎 浩平
10:55-11:10 水産養殖現場に還元できるビッグデータ 国立研究開発法人 水産研究・教育機構 研究員 馬久地 みゆき
11:10-11:25 メタボリック・プロファイリングから見た
魚とその有用性
マルハニチロ株式会社 中央研究所 リサーチ一課 課長代理 河原﨑 正貴
11:25-11:40 データサイエンスで鳥瞰する環境システム 特定国立研究開発法人 理化学研究所 
CSRS環境代謝分析研究チーム 研究員
伊達 康博
11:45-12:20 ディスカッション(上記6氏による)
身近な重要課題である”食”の来た道・還る道について、ビッグデータ蓄積とIoTおよびAI活用の将来像を議論する。
 
講演テーマ
クライオ電顕:蛋白質単粒子解析の役割
講演概要
細胞を観察する方法は光学顕微鏡から電子顕微鏡へ進み、先端分析計測技術とICTの融合により新しい時代に突入。
細胞の分子挙動を観て分析する方法の未来はいかに。
特別講演 12:50-13:35 ガンを観る目を研ぎ澄ます 筑波大学 数理物質系 電子・物理工学専攻 教授 重川 秀実
生命(細胞)
を観る
14:00-14:20 クライオ電顕:単粒子解析によるタンパク質とその複合体の構造解析 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門
構造生理研究グループ 研究グループ長
佐藤 主税
14:20-14:40 クライオ電顕における蛋白質単粒子
シミュレーションと再構成ソフトウェア
株式会社バイオネット研究所 代表取締役社長 新川 隆朗
14:40-15:00 クライオ電子顕微鏡が明らかにする細胞内の
タンパク質挙動の可視化
九州工業大学大学院情報工学研究院生命情報工学研究系 教授 安永 卓生
15:00-15:20 電子顕微鏡で「見る」生体超分子複合体の構造
- 革新的発展を続ける単粒子解析
九州大学 生体防御医学研究所 助教 真柳 浩太
15:25-15:55 ディスカッション(上記4氏による)バイオサイエンス研究を加速するクライオ電顕および未来電顕技術とは
2016年の実績

2016年基調講演の一部

次世代ヘルスケア産業の創出 -生涯現役社会の構築を目指して-
生命科学インスティテュートが目指す次世代のヘルスケア
次世代ヘルスケアと薬づくり
iPSC由来細胞等の創薬評価への適合性への現状
国立研究開発法人農研機構における今後の食品研究
食物・栄養とがんー多目的コホート研究の成果とエビデンスのまとめー
細胞・再生医療 次世代シングルセル解析が明らかにする細胞社会学

25 テーマ基調講演

6688小間
9,000 人の来場者

2017年出展社(7月現在)

(株)バイオネット研究所
アルバック成膜(株)
(株)ブラスト
NOK(株)
CSTジャパン(株)
(一財)化学物質評価研究機構
(株)リプロセル
ifia/HFE JAPAN2018  食品化学新聞社
東亜ディーケーケー(株)
(株)グミ
関東化学(株)
日本老化制御研究所
エルピクセル(株)
オンコセラピー・サイエンス(株)
(公財)かずさDNA研究所
いわき商工
(株)アプリオリ
(株)堀場製作所
(株)日立ハイテクノロジーズ
金陵電機(株)
エクリプス ビジネスメディア
(株)ワイエムシィ
(株)生体分子計測研究所
(株)島津製作所
(株)フォーディクス
(株)テクノスルガ・ラボ
(株)エル・イー・テクノロジーズ
(株)エル・エム・エス
メディカテック(株)
ノーザンサイエンスコンサルティング(株)
(株)ワールドフュージョン
(株)アルティフ・ラボラトリーズ
コーンズ テクノロジー(株)
高砂電気工業(株)
バイオアソシエイツ(株)
(特非)バイオチップコンソーシアム
(株)朝日ラバー
東京理科大学 研究推進機構 総合研究院 赤外自由電子レーザー研究センター
バイオディスカバリー(株)
BioJapan / 再生医療JAPAN 2017
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(株)
(株)プロテイン・エクスプレス
IRMAIL
(株)アイテス
(株)羊土社
(一社)日本臨床検査薬協会
(一社)再生医療イノベーションフォーラム
日本ジーンウィズ(株)
日立化成テクノサービス(株)
(株)協同インターナショナル
Biocosm(株)
(株)エマージングテクノロジーズ
製薬企業8社公募説明コーナー
(株)高研
(株)セツロテック
(株)アルバック
CEM Japan(株)
テクノポート(株)
(国研)宇宙航空研究開発機構
BDコンサルティング(同)
(国研)農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門
(株)システム計画研究所
創薬のひろば
ブリヂストンスポーツ(株)
(株)じほう
(一社)日本臨床検査機器・試薬・システム振興協会(JACLaS)
バイオベンチャーから大手分析機器メーカーまで多くの企業が成果を実感しています。

過去4年間のライフサイエンスゾーン*出展企業*は以前は「先端診断イノベーションゾーン」のテーマでした。

(株)島津製作所
(株)堀場製作所
アジレント・テクノロジー(株)
オリンパス(株)
サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)
レニショー(株)
日本ウォーターズ(株)
(株)エービーサイエックス
シグマアルドリッチジャパン(同)
(株)資生堂
メタロジェニクス(株)
(株)イニシアム
MPR アソシエイツ・インク
興研(株)
(株)ケイティーバイオ
KISCO(株)
(株)TOPU バイオ研究所
キーコム(株)
日本精工(株)
(株)アド・サイエンス
関東化学(株)
エレコン科学(株)
ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(株)
ベルトールドジャパン(株)
BIO JAPAN
(株)SCREEN ホールディングス
バイオアソシエイツ(株)/フォーミュラトリクス・ジャパン(同)
多摩川精機(株)
巴工業( 株)
住友ベークライト(株)
(一社)日本臨床検査機器・試薬・システム振興協会
(JACLaS)
(一社)日本臨床検査薬協会(JACRI)
(株)エル・イー・テクノロジーズ
(株)協同インターナショナル
(株)朝日ラバー
Biocosm(株)
アジェナ・バイオサイエンス( 株)
いわき商工
クオンタムバイオシステムズ(株)
(一社)バイオ産業情報化コンソーシアム
(株)DNA チップ研究所
(株)リッチェル
プレクセラ・バイオサイエンス(株)
メタノミクスヘルス(BASF グループ)
(株)RD サポート
(株)アプリオリ
(株)じほう
(株)バイオシス・テクノロジーズ
(株)ハイペップ研究所
(株)東芝ヘルスケア社
(有)太陽エージェンシー
ia/HFE JAPAN-国際食品素材/添加物展・会議 ヘルスフードエキスポ-
NOK(株)
NPO 法人 サイバー絆研究所
PHOTONIS
SilcoTek Corporation
コニカミノルタ(株)
サイエンスソフトウェア(株)
セイコー・イージーアンドジー(株)
フード・フォーラム・つくば
ブルカー・ダルトニクス(株)
英弘精機(株)
京セミ(株)
金沢大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー ヘルスケ
ア医学研究室
高電工業(株)
国連支援交流協会「日本の食文化と健康」支部
東京理科大学
日本ブレイディ(株)
日本写真印刷(株)
日本補完代替医療学会 未病体質研究会
農研機構 食品総合研究所
農林水産省
BASF ジャパン(株)
(特非)バイオチップコンソーシアム
(株)安川電機
国立研究開発法人 科学技術振興機構
システムバイオロジー研究機構
東京医科歯科大学
奈良先端科学技術大学院大学
(株)ブラスト
ファーマコセル(株)
(株)テクノスルガ・ラボ
(公財)かずさDNA 研究所
(株)東京インスツルメンツ
深江化成(株)
(株)タニタ
日立化成テクノサービス(株)
(株)テックサイエンス
台湾マーテック(株)
(株)リガク
ブルカー・エイエックスエス(株)
メディカテック(株)
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
金陵電機(株)
富士フイルム(株)
コーンズテクノロジー(株)
ノーザンサイエンスコンサルティング(株)
コスモ・バイオ(株)
(株)リプロセル
マトリックスサイエンス(株)
エクリプス ビジネスメディア
バイオディスカバリー(株)
BioJapan 2016 / 再生医療JAPAN 2016
横浜バイオ医薬品研究開発センター(YBIRD)
(公社)日本生化学会
日本臨床プロテオーム研究会
(公社)日本生化学会
(一社)再生医療イノベーションフォーラム
(株)エムティーアイ
(株)メタジェン
TNO オランダ応用科学研究機構
京都大学大学院 医学研究科 「医学領域」産学連携推進機構
順天堂大学大学院医学研究科 整形外科・運動器医学講座
国立研究開発法人 理化学研究所
東京大学大学院医学系研究科システムズ薬理学教室
「日本を健康にする!」研究会
農林水産省 農林水産技術会議事務局
日本総合健診医学会第45 回大会
ワイアード
アイティメディア社
過去4年間の出展企業(2013~2016年)は以下PDFにまとまっています。
https://www.jasis.jp/pdf/exhibit/ls_exhibitorslist.pdf

未来のライフサイエンス市場を切り拓く4つの体験

2016年 来場者数
24,381
2016年 開催規模
5041,468小間
2016年 新技術説明会聴講者
352テーマ15,708