新技術説明会

フリーワード検索

分野から検索

「発表対象製品」と「発表対象分野」の両方で条件設定した場合は「発表対象製品」の条件設定が優先されます。

■発表の対象となる主な製品

Search

■発表対象分野

検索

■聴講方法:主催者として事前のお申し込みは受け付けておりません。

  • 1.JASIS事前入場登録後、入場証をプリントアウトして会場にご持参ください。(入場証用ストラップ付ホルダーは会場でご用意していますので、ご自由にお取りください。)
  • 2.受講受付はセミナールーム前で、セッション開始15分前から行います。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、以下にご理解・ご協力ください。
    • ・セッション開始15分前まではセミナールームにご来場いただかないようお願いいたします。
    • ・満席の場合は入室をお断りいたします。

9月7日(水)実施セミナー

【9月7日】

10:30~11:00

A1

【メタボローム/におい/アミノ酸,有機酸,糖類等】前処理から測定まで全自動分析.精製と誘導体化を併せ持つ「固相誘導体化」技術

  • アイスティサイエンス

食品,メタボロミクス,バイオ,医薬,におい分析分野の方必見!「固相誘導体化」で前処理から測定まで自動化を. 対象成分の固相保持,脱水,誘導体化,GC/MS注入まで自動.固相抽出で精製効果.オプション追加でにおい分析も.

more

【9月7日】

11:15~11:45

A1

新しい粒子測定ソリューション:島津遠心FFFのご紹介

  • 島津製作所

島津遠心フィールドフローフラクショネーションシステム「FFF-C8030」を用いた幅広い粒子サイズを測定対象とした粒子サイズ測定ソリューションと、パラメータの最適化のノウハウを紹介する。

more

【9月7日】

12:00~12:30

A1

ナノフォトン社ラマン顕微鏡で有機材料をのぞいてみた ~ポリマーから食品まで~

  • 池田理化

ポリマーや食品関連のサンプルを中心に、ナノフォトン社ラマン顕微鏡を用いた有機材料試料の分析事例を紹介します。

more

【9月7日】

12:45~13:15

A1

食品の食感,品質,製造方法の検討は熱分析で!
~DSCを用いた様々な食品の測定例を紹介します~

  • 島津製作所

食品の食感や品質,製造方法の評価は熱分析と深く関わりがある。 様々な食品に対してDSC測定を行い,ガラス転移や融解,結晶化等,熱特性がどのように変化するかを紹介する。

more

【9月7日】

13:30~14:00

A1

【残留農薬/水質分析の自動化】分析立上げ相談もお気軽に!野菜~加工食品まで実績多数.水質分析は測定まで全自動.He不足提案も.

  • アイスティサイエンス

残留農薬,水質分析の省力化.試験法変更や立上げ相談もお気軽に.一般的な野菜~加工食品,香辛料,生薬も対応.ISO17025認定実績多数.水質分析は前処理~測定まで完全自動分析を実現.試料凍結粉砕やHe不足対策例も紹介.

more

【9月7日】

14:15~14:45

A1

最新のSEM-EDS/EBSDシステムで電子デバイスを効率的に解析

  • オックスフォード・インストゥルメンツ

電子顕微鏡に搭載したEDSやEBSDを使って電子デバイスの不良解析や構造解析をすることは非常に有効な方法です。最新のEDS/EBSDは分析スループットや感度が向上し、より効率的な解析が可能となります。

more

【9月7日】

15:00~15:30

A1

Magritek社新製品 Spinsolve Multi Xとspinsolve 90の特長とアプリケーションの紹介。

  • 朝日ラボ交易

新発売されたSpinsove Multi XはH,F,C,P,Li,Si,B,N等から6核種迄まで入れることができる。また、核種の切り替えは自動です。Spinsolve 90は卓上型NMRとして2次元測定を短時間で測定できます。

more

【9月7日】

10:15~10:45

A2

常温での汎用的液体濃縮デバイス

  • バイオクロマト

医療診断やバイオ分析に有用な、気液サイクロン流を利用した常温液体濃縮デバイスと装置を紹介する。

more

【9月7日】

11:00~11:30

A2

【新製品】大容量サンプルの前処理に向け開発を行った自動サンプル前処理システム Biotage Extrahera HV-5000をご紹介します。

  • バイオタージ・ジャパン

自動サンプル前処理システムBiotage Extraheraは固相前処理に特化した自動化システムだ。新発売のHV-5000は、品質管理や薬物検査など大容量サンプルを扱う人に向けて開発された。その基本性能と使用事例を紹介する。

more

【9月7日】

11:45~12:15

A2

MAXSを活用した抗体のコンフォメーション変化の3次元分子可視化法

  • リガク

中角領域のドメイン間距離情報を含むX線中角散乱法(MAXS)は溶液中の構造や構造変化を可視化できる手法である。本発表では、MAXSを用いて得られるヒトIgGの溶液構造および構造変化について紹介する。

more

【9月7日】

12:30~13:00

A2

【LC & LC/MS】参考書では教えてくれない基礎講座 ~ベースラインドリフト発生時の対処法~

  • 日本分光

例年ご好評いただいているLC基礎講座のなかから、測定者の方々が直面しやすいベースラインドリフトによるトラブルに今年は焦点を当て、その原因の見分け方、解決法について紹介する。

more

【9月7日】

13:15~13:45

A2

質量計(天秤・はかり)の校正、計量計測トレーサビリティ、コンプライアンスの確保

  • メトラー・トレド

ISO, JIS, GMP, HACCP , IFSをはじめとする国際的・国内製造業界における規制要求を満たすために必要とされる計量計測トレーサビリティと質量計の関係についてご案内します。

more

【9月7日】

14:00~14:30

A2

オペトレ時短・学生実験にも! Smartに医薬品や機能性食品を質量分析できるコンパクトTOF

  • 日本ウォーターズ

従来のLC-Tof MSとは比べ物にならないほどコンパクトかつ簡単使えるSmartMSの紹介。 医薬品や機能性食品など分析例と共に、学生実験などに採用出来るSmartMSを説明する。

more

【9月7日】

14:45~15:15

A2

データサイエンス的視点による分析データの多角的処理に関する基礎と応用(粒子解析、X線での元素・構造解析まで!)

  • スペクトリス(株)マルバーン・パナリティカル事業部

近年の分析装置の進歩に伴って大量のデータを簡便に取得できるようになりました。一方、膨大な解析方法の選択に悩むことも?粒子、粉体・XRF・XRDデータ解析を例に基礎的な事項から応用までをご紹介します。

more

【9月7日】

15:30~16:00

A2

測定前に知っておこう! ICP-OESの測定テクニックと最新装置のご紹介

  • 日立ハイテク

測定を行う前に知っておきたい分析のテクニックと最新のICP-OESを紹介します。

more

【9月7日】

11:15~11:45

A3

オリゴ核酸分析におけるHPLC分析条件の検討例のご紹介

  • 大阪ソーダ

逆相モードでのオリゴ核酸の分析では、1塩基違いの分離、S化オリゴとPO型不純物との分離が課題となる。カラム(官能基)、HPLC条件の両面から分離改善にむけた検討を行い、その手法について紹介する。

more

【9月7日】

12:00~12:30

A3

食品香気成分、材料中の揮発性ガスの分析のコツを伝授いたします!!

  • 日本電子

加熱脱着装置を使用した分析では、水分のコントロールや低沸点化合物の回収は分析における重要なファクターです。 本講演では、サンプリング時の注意点やメソッドの設定などのノウハウを測定事例を含め紹介する。

more

【9月7日】

12:45~14:15

A3

FIB-TOFによる埋もれた界面のin-situイメージング

  • アルバック・ファイ

短時間で非常に高い空間分解能で3次元ケミカルイメージングが可能なFIB-TOFを用いて、埋もれた界面のその場観察を行った例を紹介します。

more

【9月7日】

13:30~14:00

A3

XPSによる表面分析の基礎とリチウムイオン電池の分析事例の紹介

  • 島津製作所

表面分析装置として知られているX線光電子分光装置(XPS)の基本的な原理・測定データの解析・分析例とリチウムイオン電池の解析事例について紹介します。

more

【9月7日】

14:15~14:45

A3

新型クライオ電子顕微鏡 CryoARMⅡ による単粒子解析アプリケーション

  • 日本電子

クライオ電子顕微鏡は、三次元再構成法の単粒子解析と組み合わせることで、蛋白質構造を高分解能で解析することが可能である。ここでは、新型のクライオ電子顕微鏡(CryoARMⅡ)による単粒子解析例を紹介する。

more

【9月7日】

15:00~15:30

A3

遺伝子治療、ワクチン開発に向けたクライオ電子顕微鏡法によるウイルスベクターの特性解析

  • サーモフィッシャーサイエンティフィック

より有効で安全な遺伝子治療およびワクチン開発に向けて、AAVベクター、ウイルス様粒子、リポソームなど、ドラッグキャリアーの種々の品質特性に対するクライオ電子顕微鏡画像に基づく統計解析手法を紹介する。

more

【9月7日】

15:45~16:15

A3

ナノインデンター最新装置・最新トレンド2022~ナノスケールの機械的特性・環境制御・in-situ評価技術の最新動向~

  • ブルカージャパン

ナノインデンターはナノ~マイクロスケールの硬さ・弾性率・粘弾性・トライボロジー評価が可能な装置であり、様々な微小材料に活用できる。今回はその様々な評価技術について最新装置・最新トレンドを含め紹介する。

more

【9月7日】

10:15~10:45

A4

“クライオ FIB-SEMの紹介”~ 酵母菌のTEM試料作製と3D観察 ~

  • 日本電子

クライオ電子顕微鏡法は単粒子解析からクライオ電子線トモグラフィー(ET)等へと応用範囲が広がっている。クライオETはFIBによる試料作製が必須となる。本講演はFIB-SEMのクライオ化う改良点や応用例を紹介する。

more

【9月7日】

11:00~11:30

A4

ICP分析・水銀分析の前処理に最適な新発想の酸循環型前処理装置エコプレシステム
システムのしくみ、分解事例の紹介

  • アクタック

エコプレで酸の継ぎ足しやつきっきりの作業を改善しませんか?オペレーターの安全性の確保、作業効率、作業環境の改善にエコプレが役立ちます。酸循環のしくみ、食品や環境試料などの分解事例を紹介。

more

【9月7日】

11:45~12:15

A4

不純物も見逃さない‼ UV-PDAとELSDのデュアルディテクターによる効果的な分取精製クロマトグラフィー

  • 日本ビュッヒ

カラムで精製した後だけど何かが混ざっている気がする、といった経験はありませんか?UV検出器では検出できない物質も少なくありません。このような物質も見逃さない分取精製システムをご紹介いたします。

more

【9月7日】

12:30~13:00

A4

粉末、液体試料のXRF分析ノウハウとEDX, WDX装置のご紹介~試料調製と測定の原理・基礎~

  • ブルカージャパン

簡易分析や品質管理で利用されている蛍光X線分析の基礎と試料調製の注意点を解説します。前処理の留意点の他、安全に測定が可能なブルカーの汎用型XRF装置のご紹介をします。

more

【9月7日】

13:15~13:45

A4

さまざまな分野で活躍!簡易的に検査できる試験紙のご紹介

  • アドバンテック東洋

アドバンテック東洋が提供する試験紙について、採用をご検討される方々を対象に、その技術ノウハウと共に製品群、OEM事例をご紹介します。

more

【9月7日】

14:00~14:30

A4

食品の栄養成分分析のおさらい ~たんぱく質、脂質分析の基本とコツ~

  • 日本ビュッヒ

食品の栄養成分分析における「たんぱく質」と「脂質」の分析法の基本原理と、“安全”・“簡単”・“短時間”に分析するためのコツや注意点を解説します。

more

【9月7日】

14:45~15:15

A4

ISO/IEC17025 PJLAの審査の信頼性と技術サポート

  • ペリージョンソン ラボラトリー アクレディテーション インク

試験所・校正機関の認定の頂点であるISO/IEC17025認定機関、PJLAが誇る、審査の信頼性と認定に向けた技術サポートによる「価値ある認定」、「ブランディング」についてわかりやすくお話します。

more

【9月7日】

15:30~16:00

A4

大型試料から高分解能測定まで。高電圧マイクロCTシステムのご紹介と応用例について

  • リガク

小サンプル、軽元素材料の高分解能測定から大型・長尺試料にまで対応する、新開発の高電圧X線マイクロCTシステムについて種々のアプリケーションを交えて紹介する。

more

【9月7日】

10:30~11:00

A5

【分光光度計】基礎とノウハウを伝授~装置を理解して確かな測定を~

  • 日本分光

好評につき、今年も分光光度計の原理と基本的な測定法をご紹介。 原理編では装置の構造を、測定編では測定パラメーターの意味や問い合わせの多いベースラインの測定法について解説する。

more

【9月7日】

11:15~11:45

A5

酸化防止剤や紫外線吸収剤、低~高分子HALSを含む樹脂の添加剤一斉分析

  • 日本ウォーターズ

高分子材料の高機能化に伴い、様々な合成高分子用添加剤が最適化された配合で用いられているが、HALSのように吸着性の高い化合物をLCで分析するには課題が多い。高分子用添加剤一斉分析のノウハウを紹介する。

more

【9月7日】

12:00~12:30

A5

HILICカラムを用いたオリゴ核酸分析への応用    

  • 昭和電工

親水性化合物の分離に威力を発揮するHILICモードを活用したRNA・DNAのオリゴ核酸の各種アプリケーションを紹介する。

more

【9月7日】

12:45~13:15

A5

アスベスト分析に関する法改正と低温灰化装置JPA301について

  • ジェイ・サイエンス・ラボ

低温灰化装置は主にアスベスト分析の前処理装置として使用されてきたが、昨今の大気汚染防止法の改正で需要が高まっている。今回は大気汚染防止法の改正内容及び弊社低温灰化装置の原理・特徴についてご紹介する。

more

【9月7日】

13:30~14:00

A5

B型粘度計での多検体測定の煩わしさを解消!測定~スピンドル洗浄・乾燥までを自動化した多検体全自動粘度測定システムのご紹介

  • ジャスコエンジニアリング

検体をセットし測定条件をセットすればあとは装置が処理します。測定者の拘束時間を大幅に削減し、また測定者間で生じる測定誤差を抑制する全自動システムです。

more

【9月7日】

14:15~14:45

A5

これで解決!タンパク質、ペプチドのLC分析におけるカラム・バイアルの選び方

  • 島津製作所

タンパク質やペプチドのLC分析では、類似した構造を持つ不純物の分離や容器等への吸着が課題となる。本セミナーでは、タンパク質、ペプチドの分析に最適なカラムやバイアルを、具体的な分析事例とともに紹介する。

more

【9月7日】

15:00~15:30

A5

【新製品】FT-IR / QCLハイブリッド赤外顕微鏡「HYPERIONⅡ」のご紹介

  • ブルカージャパン株式会社

さらなるスピードと広い測定エリアを求めてブルカーが開発した、量子カスケードレーザー(QCL)による赤外スペクトルイメージング機能を搭載する最新の赤外顕微鏡HYPERIONⅡについて紹介する。

more

【9月7日】

15:45~16:15

A5

透過電子顕微鏡で得られるあらゆる情報 -物の形、結晶の形、電場や磁場の形、元素とその化学結合状態-

  • 日本電子

透過電子顕微鏡は微細な構造を観察するための強力な手法であることはもちろんのこと、それに加えて様々な応用が可能な手法である。本発表では各々手法の原理とともにその応用例を紹介する。

more

【9月7日】

10:15~10:45

A7

機能性金属の動向とCMOS型スパーク発光分析装置の分析例

  • 日立ハイテク

特別な元素が添加された機能性金属について、実例をもとにCMOS型発光分析装置の有効性を紹介します。

more

【9月7日】

11:00~11:30

A7

三次元電子回折法(MicroED/3DED)を用いたアプリケーションの紹介

  • 日本電子

本発表では三次元電子回折法(MicroED/3DED)によって得られた最新のアプリケーションを紹介する。

more

【9月7日】

11:45~12:15

A7

HORIBA蛍光フラッグシップ機 Fluorologシリーズ最新機種 「Fluorolog-QM」のすべて

  • 堀場製作所

世界中の研究者に愛されるFluorologの新世代機がついに始動。HORIBAの分光技術の粋を集結し、飛躍的に向上した感度・近赤外測定性能と、新ソフト「Felix FL」が新次元の蛍光測定の扉を開く。

more

【9月7日】

12:30~13:00

A7

ここまで解る!ICP-MS、GD-MSを用いた最新元素分析アプリケーション

  • 日立ハイテク

最新のICP-TOF-MS、高分解能ICP-MS、GD-MSを使った各種試料の元素分析例を紹介します。

more

【9月7日】

13:15~13:45

A7

とっても簡単!分取HPLCを用いたオート機能による高効率リサイクル分離精製法~基礎編~

  • 日本分析工業

有機合成後の大量精製用途で大活躍!充実のオート機能を搭載したリサイクル分取HPLCとさらに性能がアップしたGPCカラムを用いた簡単便利な分離精製法をご紹介

more

【9月7日】

14:00~14:30

A7

蛍光X線分析の重要ポイントをお教えします! あなたが知りたい分析の基礎から応用まで

  • 日立ハイテク

XRFの原理や基礎及び装置の特長を活かしたアプリケーションの紹介。迅速・確実な分析のためのコツを体感。

more

【9月7日】

14:45~15:15

A7

HPLC分析を時間短縮し、高分離な他成分一斉分析を実現! UPLCはじめませんか

  • 日本ウォーターズ

HPLC分析をされている方のために、「今よりも高速、今よりも高分離」の分析が出来るUPLCを紹介。UPLCへ移行する時の不安や懸念は、本講演の参加で解消へ!

more

【9月7日】

15:30~16:00

A7

GCMS における AI を用いた波形処理技術のご紹介

  • 島津製作所

GCMS メタボロミクス分野において、波形処理結果の確認と手動波形処理による修正の手間を大幅に低減し、かつ、属人性も解消する、 AI を活用した波形処理技術をご紹介いたします。

more

【9月7日】

10:30~11:00

A8

分光のHORIBAだからできる!粒度・蛍光・ラマンなどを用いた医薬品モダリティ分析ソリューション

  • 堀場製作所

従来の低分子医薬品以外の様々なモダリティが注目されるなか、新たな分析手法が求められている。光学および分光学的技術を用いたHORIBA独自のソリューションを紹介。

more

【9月7日】

11:15~11:45

A8

なぜ汎用SEMなのか?大小硬軟さまざまな対象を可視化して測るSEMの底力のご紹介

  • 日立ハイテク

安定した自動運転、各種信号の相関観察など多様な観察ニーズに応える汎用SEMの特長的な機能について紹介します。

more

【9月7日】

12:00~12:30

A8

なぜ正イオンと負イオンの精密質量を同じ分析で測定する事は難しいのか。島津のLCMS/Q-TOFが示す解決方法をご紹介。

  • 島津製作所

島津の四重極飛行時間型LC-MSは比類なき質量精度の安定性を誇り、未知化合物の同定に必要な精密質量測定を簡便に行うことができる装置である。その安定性は正負極性切替測定においても揺るがない。

more

【9月7日】

12:45~13:15

A8

「はかる」技術で新しい生産プロセスを!X線・分光測定技術と次世代のデータハンドリングとの組み合わせを紹介

  • 堀場製作所

ラボ分析技術(X線・ラマン分光など)、装置組み込み型小型分光コンポーネントを生産・品質管理プロセスへ適用、スペクトル解析やデータインテグリティを駆使して生産プロセスの効率化・改善に貢献する。

more

【9月7日】

13:30~14:00

A8

薬局方準拠の試験法も! 粉体の流動性、錠剤の物性、ハイパースペクトルカメラによる錠剤の識別・異物検査の新手法

  • 英弘精機

第18改正日本薬局方第一追補収載予定の粉体の流動性評価法であるせん断セル法と準拠装置、物性試験機を用いた錠剤の物性評価法、ハイパースペクトルカメラによる薬剤含有濃度検査などの評価例について紹介する。

more

【9月7日】

14:15~14:45

A8

超高分解能で、多ピークなど複雑な粒度分布でも精細に測れる!最先端技術で実現した次世代の遠心式ナノ粒子解析装置のご紹介

  • 堀場製作所

【ブースでも実機で実演】もう粒度分布で悩まない!精細な粒度分布で真実に迫る。最先端に挑戦されるお客様のニーズに応え続けるHORIBAが造り上げた、比べてわかる、高分解能・高感度の最新粒度分布計を紹介。

more

【9月7日】

15:00~15:30

A8

X線3Dイメージングの最前線!
高分解能非破壊測定とスループット向上ソリューションで研究開発をもっと便利に

  • カールツァイス

サブミクロンオーダーの非破壊3Dイメージング装置”Xradia Versa”の紹介。短時間で高画質の取得が可能なDeepRecon Proや結晶マッピング機能LabDCTなど、ZEISS独自の多彩なX線ソリューションをご紹介。

more

【9月7日】

15:45~16:15

A8

XPS最新事情!最新のXPS装置 "Nexsa G2" とアプリケーションと事例の紹介

  • サーモフィッシャーサイエンティフィック

“Nexsa G2”は微小部から大面積まで、高感度・高エネルギー分解能で測定可能で、高性能と高操作性を両立した画期的な最新XPS装置である。本発表では装置の性能やアプリケーション事例を紹介する。

more

【9月7日】

11:00~11:30

A9

ハンドヘルドラマン分光計BRAVOによる医薬品原料の確認試験とデータインテグリティ対応について

  • ブルカージャパン

携帯型分析計による医薬品原料の確認試験においても、データインテグリティ(DI)への対応が必要不可欠となりつつある。本講演では、ハンドヘルドラマンBRAVOおよびOPUSソフトウェアのDI対応について紹介する。

more

【9月7日】

12:30~13:00

A9

【ラマン分光】高性能ファイバーラマンスコープ Virsaの応用例

  • レニショー

ファイバーラマンスコープVirsaは高性能でありながら、ポータブルで可搬かつ多波長、高空間分解能からマクロまで幅広い測定に対応します。 Virsaでの様々な分野へのin-situやモニタリング等への応用例を紹介します。

more

【9月7日】

13:15~13:45

A9

研究開発のDX!新製品/国産ELN(電子実験ノート)『NEXS(ネクサス)』を発表! ELNの基礎から活用方法までご紹介!(LIMS/ELN/SDMS)

  • 西川計測

汎用性・自由度が高く、幅広い業務・データ・環境に対応したELNを販売開始。 最新技術を採用したシステムによるデータのデジタル化、研究開発のスピードアップ、そして情報資産の一元管理・活用について紹介する。

more

【9月7日】

14:00~14:30

A9

ナノフォトンのレーザーラマン顕微鏡は道具として使えるメンテナンスフリーの装置に進化していた!

  • ナノフォトン

ナノフォトンの最先端のレーザーラマン顕微鏡用い、測定条件設定から解析に至るまでの一連の操作をご紹介します。ナノフォトンの装置を使用すれば、従来のようにもう我慢する必要はありません。

more

【9月7日】

10:15~11:15

A10-11

最新GC機能を一挙公開!ラボの自動化/省力化、代替キャリアガス対応、熟練分析者のノウハウを紹介。

  • 島津製作所

日々のラボでの課題解決のため最新のGC技術/機能を紹介します。少ないラボメンバーで、習熟度の違うメンバーで、代替ガス運用で、信頼性の高い分析結果を出すためのノウハウ/アイデアを提供します。

more

【9月7日】

11:30~12:30

A10-11

ガス・水蒸気・VOC・液体のバリア性透過度測定方法のご紹介!

  • GTRテック

最近ではバリア性の高いサンプルのガス透過、透湿度の測定や、燃料電池関連の透過試験依頼が増加している。ここではガス透過についての最新の話題を中心にデータ等を紹介する。

more

【9月7日】

12:45~13:45

A10-11

一緒にコツを掴みましょう♪ プロが教えるGC-MS定性解析テクニック

  • 日本電子

GC-MSは揮発性化合物の定性分析に幅広く活用されている。本講演では、整数質量・精密質量マススペクトルを用いたGC-MS定性解析のコツ・ノウハウのレクチャーと、最新の定性解析ソリューションについて紹介する。

more

【9月7日】

14:00~15:00

A10-11

材料の熱挙動をより詳しく知るために、今できる熱分析とは!

  • リガク

N2雰囲気で等速昇温するような従来の熱分析ではなく、さらに進歩した応用熱分析手法を紹介する。温度変調DSCや試料観察熱分析、昨今話題であるCO2吸着評価に有効な低温TG-DTAなど、リガクの最新熱分析を紹介する。

more

【9月7日】

15:15~16:15

A10-11

よくわかる!UVの基礎と便利な付属品をご紹介

  • 島津製作所

分光光度計の役に立つ様々な付属品をご紹介。「サンプルが足りない…」「固体試料も測定したい」などのお悩みの解決と測定の基礎についても解説する。

more

【9月7日】

10:15~11:15

201

「分かりマス!LCMSの基礎」
基礎知識、運用ノウハウから、最新の小型化技術まで完全網羅の50分

  • 島津製作所

シングルLC-MSは、昨今の小型化に伴い、従来よりもはるかに簡単に導入できるようになった。分子量確認や不純物測定などに用いるにあたって必要なノウハウや最新技術がどのようなものか、紹介する。

more

【9月7日】

11:30~12:30

201

よくわかる!良好なFTIRスペクトルを得るコツと目的別ソリューション

  • 島津製作所

本講演では、良好なFTIRスペクトルを取得するための分析者のテクニックを紹介する。また、異物・不良解析、確認試験、材料評価など目的別のソリューションについても解説する。

more

【9月7日】

12:45~13:45

201

大規模データはもっと楽に取得できる!新FE-SEM SU8600 ・ SU8700が拓く自動化ソリューション

  • 日立ハイテク

新製品のSU8600・SU8700では大量/大規模データ取得を人力によらず自動化し、より効率的な業務運用を提案します。10000画素以上の高精細画像取得や自動画像取得ツールについて紹介します。

more

【9月7日】

14:00~15:00

201

AIが導くGC-MS構造解析の新提案!統合・構造解析ソフトウェアmsFineAnalysis AIのご紹介

  • 日本電子

新開発のAI構造解析機能搭載の新しいmsFineAnalysis AIがついに登場。GC-MSにおける未知物質解析の決定版として、構造解析技術、そして実際のアプリケーション事例について紹介する。

more

【9月7日】

10:15~11:15

301

基礎から学ぶ;原子吸光・ICP-OESで高マトリックス中の微量元素を測定する「秘策」とは?

  • アナリティクイエナ ジャパン

各種材料中の微量元素を正確に測定することは重要ですが、同時に高濃度マトリックスの影響で正確度や感度を下げる「干渉」が生じます。本セミナーでは、干渉除去技術の「秘策」を基礎から応用まで丁寧に紹介します。

more

【9月7日】

11:30~12:30

301

サステナブルな分析ラボの実現! Heガス削減からDX化に役立つアジレントサステイナブルラボソリューションズを一挙に紹介

  • アジレント・テクノロジー

これからの分析ラボは、正確な分析に加えサステイナブルであることが求められる。ガスや化学物質の使用量削減から、低コスト、省エネルギー、解析やDX化のアジレントサステイナブルラボソリューションズを提案する。

more

【9月7日】

12:45~13:45

301

【明日から使える!】カラムとバイアルの選び方のコツ

  • 日本ウォーターズ

良好な分析結果を得るためには、適切な分離カラム・バイアルの選択が重要である。 本講演ではメソッド開発及びトラブルシューティングに有効なカラム・バイアルの選び方のコツを説明する。

more

【9月7日】

14:00~15:00

301

LIMS/LESを使用したラボのデジタル化で生産性と規制対応の強化

  • サーモフィッシャーサイエンティフィック

LIMS/LESを使用したラボのデジタル化の事例を紹介する。コンプライアンス強化や生産性向上、将来的なデータの活用のためにお役に立てる情報となっている。

more

【9月7日】

15:15~16:15

301

これを聞けばカラム分離の疑問は解ける!?メーカーが謳う逆相カラム最新定説:C18基は立ってる?寝てる?保持の長さは何で決まる?

  • クロマニックテクノロジーズ

長年信じられていたC18カラムの定説は、本当に正しいのか。C18基は立っている、水のみでは使用できないなどの定説をひっくり返す新たなカラム分離の初耳情報を弊社秘蔵のデータと共に解説します。

more

9月8日(木)実施セミナー

【9月8日】

10:30~11:00

A1

こんなに簡単・高精度!完全自動化された最新光学系による、究極の高S/N比XRDデータを簡便に解析しよう!

  • スペクトリス(株)マルバーン・パナリティカル事業部

最新の検出器、そして自動切り替えが可能な光学系を用いて得られる高S/N比XRDデータを用いて、簡便になった各種解析方法を用いた解析例を分かりやすく解説。

more

【9月8日】

11:15~11:45

A1

次世代AFMによる高感度物性測定の最前線★白色干渉顕微鏡(CSI)とSEM, AFMとのリンケージ最新アプリも全部見せます

  • 日立ハイテク

低ノイズ高感度化した光検出系を有する次世代AFMにより、物性測定の常識が変わります。また、CSIを中心としたデータ信頼性向上のためのAFMとのリンケージ、先進的なSEMとのリンケージ測定例も紹介します

more

【9月8日】

12:00~12:30

A1

【FTIR・ラマン】今日から使える分析ノウハウ~顕微分析の測定・解析テクニックを一挙公開!~

  • 日本分光

FTIR・ラマンの顕微測定におけるノウハウを、ATR法やレーザー波長選択などの具体例や、装置や測定手法の選択の仕方も含めて解説する。また、試料観察や解析手法など盲点になりがちなポイントも紹介する。

more

【9月8日】

12:45~13:15

A1

ニトロソアミン及び元素不純物分析のポイント ~ 最新動向と分析事例を中心に ~

  • アジレント・テクノロジー

LC/MSとGC/MSによるニトロソアミン分析事例を前半に、 第十八改正に基づくICP-MSおよびICP-OESでの元素不純物分析を後半で紹介。 実際の測定事例、分析のノウハウについて述べる。

more

【9月8日】

13:30~14:00

A1

小型エバポレーションシステムを利用した新しい香気成分捕集方法の提案

  • バイオクロマト

香気成分抽出を行う際の制約に柔軟に対応したうえで、手軽に操作できる新しいシステムを提案する。

more

【9月8日】

14:15~14:45

A1

微生物試験を1日以内に迅速化!
ATP法による微生物迅速検査装置Lumioneのご紹介

  • 日立ハイテク

非培養ATP法をベースとした微生物迅速検査装置Lumioneの特長、機能の説明と共に、環境試験、生菌数試験、保存効力試験などの応用例を紹介します。

more

【9月8日】

15:00~15:30

A1

最新のXPS分析装置による全固体電池への応用事例

  • アルバック・ファイ

アルバック・ファイ最新のXPS装置による、全固体電池の様々な応用事例を紹介します。

more

【9月8日】

15:45~16:15

A1

遷移金属元素の状態分析に新提案。蛍光X線分析の最前線!

  • 島津製作所

more

【9月8日】

10:15~10:45

A2

【LC&LC/MS】転ばぬ先の杖!誰でもできるシステムバリデーションとセルフメンテナンス~サービスエンジニアを呼ぶ前に~

  • 日本分光

LC&LC/MS システムの性能を維持するためのバリデーション及び各モジュールのメンテナンスについて紹介する。予め知っておくことで、ダウンタイムと経費を最小限にすることが可能になる。

more

【9月8日】

11:00~11:30

A2

蒸留も全自動で行える連続流れ分析(CFA)装置オートアナライザーと
ICP-MSの自動化を加速させる前処理装置AATM(アトム)のご紹介

  • ビーエルテック

CFAを自動化したオートアナライザーであれば 大変な蒸留操作や場所を取る蒸留器は必要ない。 環境の公定法、これ1台で迅速・正確・省コスト。 AATMはICPの前処理から測定を一気通貫に行う。 あなたのICPは更に進化する。

more

【9月8日】

11:45~12:15

A2

トラブルの原因は何?明日からできるHPLCのトラブル解決法 ~実践編~

  • 大阪ソーダ

HPLC分析でよく起こるトラブルを装置・カラムの両面として考察し、その解決方法についてわかりやすく解説する。実践編では例も交えて実践的な内容についても解説する。

more

【9月8日】

12:30~13:00

A2

ゲルハルトを知ると栄養成分分析はもっと快適に!(自動分析装置による栄養成分分析省力化のご提案、タンパク質、脂質分析を例に)

  • ゲルハルトジャパン

ゲルハルト社の栄養成分自動分析装置を導入していただくことで、タンパク質や脂質の分析において、どのように省力化、自動化にご協力できるかを中心に、発表させていただきます。

more

【9月8日】

13:15~13:45

A2

分取精製の最適ソリューション:LCとSFCの分取への活用を大公開

  • 島津製作所

良好な純度、優れた回収率を実現する分取精製ワークフローを、システム、ソフトウェア、実例と共に解説する。島津の強みのひとつであるLC/SFC切替システムからの分取への展開も併せて紹介する。

more

【9月8日】

14:00~14:30

A2

研究開発向けナノスケール分析からプラントのリアルタイムモニタリングまでHORIBAのラマン分光技術による課題解決事例紹介

  • 堀場製作所

非破壊非接触での定量分析・複数粒子の自動分析・埋伏異物分析に加え、様々な用途に合わせたラマン分析装置を取り揃えるHORIBAだからこそ実現できる、従来法の代替分析など豊富な分析課題解決事例を紹介

more

【9月8日】

14:45~15:15

A2

リチウムイオン二次電池材料のSEM、FIB、TEMおよびXPSによるイメージングと分析の応用例

  • サーモフィッシャーサイエンティフィック

最先端の電池材料が持つ複雑な構造を理解するために、SEM、SIMS、FIB-SEM、TEM、XPSといったマルチスケールでの分析が必要である。本発表では、測定事例を含めて、これらの技術を紹介する。

more

【9月8日】

15:30~16:00

A2

『1秒1粒子解析!リチウムイオン電池材料の清浄度・異物の測定から結果出力までを高速自動化 』自動粒子解析SEMのご紹介

  • ジャスコインタナショナル

電池材料の品質管理に最適な自動粒子測定システムを提案。自動車部品清浄度の標準規格であるISO16232やVDA19に沿ったレポート出力も可能。電池材料以外に製造環境中異物や鉄鋼中介在物の測定にも対応。

more

【9月8日】

10:30~11:00

A3

これで安心!GC分析における消耗品の選び方

  • 島津製作所

GC分析は、適切なキャピラリーカラム、インサート、セプタムなどの消耗品の選択から始まる。本セッションでは、適切な分析結果を得るために、必要な消耗品を選択するポイントについて紹介する。

more

【9月8日】

11:15~11:45

A3

【分光蛍光光度計】基礎とノウハウを伝授~装置を理解して確かな測定を~

  • 日本分光

分光蛍光光度計の原理と測定ノウハウを分かりやすく解説。原理編では装置の構造や蛍光分析の特長を、測定ノウハウ編では各種測定条件の解説・測定時の注意点について測定事例を交えながらご紹介する。

more

【9月8日】

12:00~12:30

A3

走査型レーザー顕微鏡と走査型プローブ顕微鏡の賢い使い方を伝授します

  • 島津製作所

微小領域の分析でお困りではありませんか?本講演では表面に関するお悩みを解決します。形状測定や粗さ測定など、走査型レーザー顕微鏡(LSM)や走査型プローブ顕微鏡(SPM/AFM)の事例をご紹介します。

more

【9月8日】

12:45~13:15

A3

表面分析お悩み解決Q&A【AFM編】

  • ブルカージャパン

AFMは高分解能の表面形状観察に加え、硬さ・電気特性・化学構造等のナノ分析が 可能なユニークな装置です。様々な表面分析シチュエーションにおいて 最新のAFM技術がどのように活用されているかをご紹介します

more

【9月8日】

13:30~14:00

A3

材料分析のトップランナーが語る!質量分析の基礎と高分子材料分析での効果的な活用術

  • 日本電子

質量分析は高分子材料分析において強力なツールです。しかし、質量分析には様々な手法があるため目的に合わせた選択が必要です。本講演では、質量分析の基礎から高分子材料分析への応用まで分かりやすく解説します。

more

【9月8日】

14:15~14:45

A3

シリカの活性コントロールで、C18(ODS)はこんなに変わる!高度不活性化HPLCカラムが実現する「低吸着」と「高分離」

  • クロマニックテクノロジーズ

逆相LC分析には欠かせないC18カラムですが「色々あって違いが分からない」と思っていませんか?①シラノールの善玉・悪玉②エンドキャッピングあれこれ③最新カラムの不活性化技術、から違いを紐解きます。

more

【9月8日】

15:00~15:30

A3

強まる環境規制!高感度/高精度EDXがその課題解決に貢献します
~RoHS指令等のEDXでの管理方法を徹底解説~

  • 島津製作所

近年、環境規制強化に伴い、規制対象物質が増加しています。 RoHS指令やTSCA、REACH規制等の解説を交えながら、高感度/高精度EDXでの管理方法について紹介します。

more

【9月8日】

15:45~16:15

A3

高分子材料の正体を暴く!ケンドリックマスディフェクト(KMD)解析の基礎と活用術

  • 日本電子

ケンドリックマスディフェクト解析は、合成高分子解析に適用されて以来、複雑な工業材料に含まれるポリマーの構造解析へも適用が進んでいる。本発表ではKMD解析の基礎と活用術を説明する。

more

【9月8日】

10:15~10:45

A4

非破壊観察ソリューション
高分解能X線マイクロCT (3D X線顕微鏡)の最前線

  • ブルカージャパン

ブルカーのX線マイクロCT(3D X線顕微鏡 XRM)は高分解能という特長を有し、様々な産業へ非破壊観察ソリューションを提供してきました。さらに進化を遂げた高分解能XRMの最前線をご紹介します。

more

【9月8日】

11:00~11:30

A4

【低吸着HPLC】複雑なサンプルを簡単に分析できる近道をご紹介

  • 日本ウォーターズ

ウォーターズが新たに開発したMaxPeak Premierソリューションは、金属吸着を受け易い化合物に起因するデータのばらつきを低減する。分析準備の手間を省き高感度測定できる最新 LCアプリケーションを紹介する。

more

【9月8日】

11:45~12:15

A4

悩んでしまうような熱分析測定の解析は人工知能(AI)技術でもっと便利にもっと快適に!自動化との組合わせで生産性もUP!

  • メトラー・トレド

メトラー・トレドのDSCやTGAではワンクリックで「測定から解析および出力まで」を自動化することが可能です。それによりこれまでよりも研究や品質管理での現場における生産性の改善が期待できます。

more

【9月8日】

12:30~13:00

A4

プレパラートをデジタル保存し地図アプリのように閲覧可能!スキャン前にすぐ観察もできるバーチャルスライドスキャナのご紹介

  • ジャスコエンジニアリング

スライドスキャナは高倍率レンズでの撮影画像を継ぎ目なくつなぎ標本全体をデジタル保存し、全体像も拡大画像も鮮明に見ることができます。またスキャンする前に観察することもでき見たい時にすぐ観察もできます。

more

【9月8日】

13:15~13:45

A4

【SPE-LC-LC(MS)システム初公開!】固相抽出装置とLC2台を直列接続.究極の選択性.1分析で異なる相互作用(逆相/イオン交換など)も.

  • アイスティサイエンス

固相抽出装置からの溶出液をLCに導入.固相からの溶出液に異なる液を混合しながらループに保持.混合液に酸/塩基や誘導体化試薬を用いると異なる相互作用の利用が可能.LC2台接続で究極の選択性へ.SPE-LC-GC(MS)も紹介.

more

【9月8日】

14:00~14:30

A4

JEOLからの提案! GC-MS He代替キャリアガス使用のコツ・ノウハウ教えます!!

  • 日本電子

ヘリウムの供給不足や価格高騰の影響から、代替ガスとして水素や窒素の利用が検討されている。代替キャリアを使用した際の注意点やカラム選定、メソッド設定など、切り替え時のノウハウを測定事例を含めて紹介する。

more

【9月8日】

14:45~15:15

A4

品質管理のためのXRD検査ソリューション-自動化による分析業務の効率化-

  • リガク

製造現場での分析業務で安定した結果を得るには各作業の自動化が重要である。再現性の高い粉末試料の調製法と、測定から結果の出力までの自動化により実現した、現場作業に最適なXRD検査ソリューションを紹介する。

more

【9月8日】

15:30~16:00

A4

強度試験のデータ信頼性向上!LabSolutions AGによるデータインテグリティ対応強化版のご紹介

  • 島津製作所

LabSolutions AGによりオートグラフを用いた強度試験においてもデータインテグリティを実現できます。お顧客様の要望により強化されたポイントとあわせて紹介します。

more

【9月8日】

10:30~11:00

A5

【顕微ラマン分光】イメージング ラマンによる工業材料からバイオサンプルへの展開

  • レニショー

高速イメージング・ラマン分光装置inVia Qontorでの多彩なイメージング機能の紹介と工業材料からバイオサンプル等の様々な分野での応用例を新機能解析法と共にご紹介します。

more

【9月8日】

11:15~11:45

A5

熱分析の基礎 ~DSC, TG-DTAを中心に~

  • NETZSCH Japan

熱分析は適切な条件と正しい解釈をもって初めて得たい情報を獲得することができます。 汎用的な熱分析機器であるDSC、TG-DTAにおける測定・解析のコツ, 得られる情報を明快に解説いたします。

more

【9月8日】

12:00~12:30

A5

複合材料開発におけるマテリアルデザインのための画像解析技術

  • サーモフィッシャーサイエンティフィック

繊維強化樹脂を例として、In-situ CT試験で得られる画像データを基に、繊維分布、4D変形などを評価する技術と、それら結果をモデル条件としてシミュレーションへ応用する技術について紹介する。

more

【9月8日】

13:30~14:00

A5

微量元素分析に力を発揮 偏光光学系EDXRF のご紹介

  • リガク

あらゆる産業において高まる無機元素の微量濃度分析のニーズに応えるため、高感度分析に必要な低バックグラウンド、幅広い分析範囲、高い計数性能の全てを備えた偏光光学系EDXRFを紹介する。

more

【9月8日】

14:15~14:45

A5

【自動滴定装置】実務者向け これができればあなたも滴定マスター

  • HIRANUMA

自動滴定装置を用いた分析において、少し難しい測定の適切な条件設定やテクニックなど、事例を交えて紹介する。

more

【9月8日】

15:00~15:30

A5

2030年・カーボンニュートラル・水素化エネルギー社会に貢献する製
品紹介

  • GTRテック

弊社はガス透過測定メーカー。フイルム・シートのH2・O2ガス透過測定を初め、フレオンの代替冷媒の透過、チューブ・パイプ形状のガス、燃料の透過、燃料電池(FC)高分子電解質膜のH2・O2透過測定について紹介する。

more

【9月8日】

15:45~16:15

A5

これで解決!HPLC検出器の選択のコツ

  • 日立ハイテク

HPLCの検出器には数多くの種類があります。試料に合わせた選択法を原理や測定例を交えて解説します。

more

【9月8日】

10:15~10:45

A7

NMRデータ解析ソフトウェアJASONの紹介

  • 日本電子

JASON(Jeol Analytical SOftware Network)はJEOLよりリリースされた新規のNMR解析ソフトウェアである。ユーザーインターフェイスやスペクトル解析ツールの特徴について紹介する。

more

【9月8日】

11:00~11:30

A7

多彩なコントラストを持つイメージング技術とハイスループットな分析を可能にするGeminiSEM

  • カールツァイス

最新FE-SEMであるGeminiSEMが実現した、多彩なコントラストを可能にする検出技術と、ハイスループットで高分解能な分析事例をご紹介。

more

【9月8日】

11:45~12:15

A7

進化するXRF ~Heレスで軽元素の分析が可能に!液体分析用カプセルを用いたオイル・水溶液の測定事例の紹介~

  • 日本電子

オイル・液体に含まれる軽元素を測定するためには、試料室をHe雰囲気にする必要があった。 今回、オイル・水溶液へ新アプローチとして真空雰囲気で使用できる液体分析用カプセルを開発した。その測定事例を示す。

more

【9月8日】

12:30~13:00

A7

初心者の方必見!今さら聞けない質量分析計で用いられるアナライザーの種類と特徴~GC-TOFMSを使用するメリット・デメリット

  • LECOジャパン

質量分析装置に用いられるアナライザーの種類とそれぞれの特徴について分かりやすく説明します。また、GC-TOFMSにフォーカスして、その長所や得意分野、さらには短所までも包み隠さずお話しします。

more

【9月8日】

13:15~13:45

A7

測定前に知りたい!正しく使えば効果絶大 !蛍光光度計の基礎

  • 日立ハイテク

蛍光光度計で何ができるの?そんな疑問をお持ちの方は必見です。基礎原理の紹介を含めた毎日の分析に役立つ正しい使い方を紹介します。

more

【9月8日】

14:00~14:30

A7

錯体はどうやって分析するの? 触媒・塗料・OLED・半導体 有機金属化合物のMS測定

  • 日本ウォーターズ

有機金属化合物は触媒や塗料、OLEDや半導体などものづくりに欠かせないが、有機金属錯体の分析評価の難しさは周知の事実である。ウォーターズのダイレクト質量分析計を用いた有機金属化合物の迅速測定を紹介する。

more

【9月8日】

14:45~15:15

A7

分取精製プロセスの効率化に貢献! 分取サンプルの純度確認までのプロセスをカバーするLC/LCMSシステムをご紹介

  • 島津製作所

化合物の分取精製プロセスを大幅に効率化するLC/LCMSシステムをご紹介します。本システムにより、分析から分取へのスケールアップ、分取サンプルの純度確認などのプロセスを大幅に効率化できます。

more

【9月8日】

15:30~16:00

A7

全自動還元気化水銀分析装置を用いたアプリケーションのご紹介

  • 日本インスツルメンツ

水銀測定で実施される多段の前処理を全自動化した還元気化装置を用いて、測定方法や業務の効率化についてご提案いたします。また実試料の測定事例もあわせてご報告いたします。

more

【9月8日】

10:30~11:00

A8

XRFにおけるヘリウムガス節約に有効なアプリケーションのご提案
-液体試料の点滴ろ紙法や油固化法の活用事例-

  • リガク

液体を真空雰囲気で測定する試料処理方法として点滴ろ紙法や油固化法があります。これらの試料処理手順と注意点を説明し、分析例と分析正確さを向上するためのテクニックを紹介する。

more

【9月8日】

11:15~11:45

A8

熱分解GC-MSだけじゃない!ポリマー構造解析におけるMALDI-TOFMSとTDP-DART-MSの活用術

  • 日本電子

本発表では、MALDI-TOFMSとTDP-DART-MSの原理、およびそれらから得られるポリマーの構造情報について分かりやすく解説する。 また、それらからの情報を組み合わせたポリマー構造解析事例を紹介する。

more

【9月8日】

12:00~12:30

A8

SEM/FIB-SEMとToF-SIMS、Raman、ナノインデンター、AFM、SBFIを組み合わせた相関分析技術の概要とその応用例

  • 東陽テクニカ

TESCAN社の電子顕微鏡装置では、質量分析、振動分光、機械特性評価、表面ラフネス計測、ミクロトーム技術を組み込み、同一箇所のマルチモーダル解析を1台の装置で実現している。その詳細について紹介する。

more

【9月8日】

12:45~13:15

A8

微量生体成分用液液抽出法!
保持液抽出(Supported Liquid Extraction, SLE)法の提案

  • バイオタージ・ジャパン

SLE法とは微量生体成分専用の液液抽出可能な珪藻土前処理カラムである。従来の液液抽出法を大幅に改善したミニ珪藻土カラムの使用、コンタミリスクも無く再現性の良い、前処理法を提案する。

more

【9月8日】

13:30~14:00

A8

サステナブルな分析ラボの実現! キャリアガスとして再生可能である水素の使用に特化したGC/MSの新技術

  • アジレント・テクノロジー

アジレントは、定量に加え、正確な定性・スクリーニング分析可能な新技術を開発した。この技術は、高い信頼性、ハイスループット、コスト低減を実現する。加えて、喫緊のヘリウム供給リスクの解消に大きく貢献する。

more

【9月8日】

14:15~14:45

A8

金属材料のアプリケーション ― 電子顕微鏡用分析機器EDS/WDS/EBSD分析の最新情報 ―

  • オックスフォード・インストゥルメンツ

電子顕微鏡用分析機器(SEM-EDS/WDS/EBSD)は歴史的に金属材料の特性評価に使われる分析機器です。 一方で解析の技術は日々革新を遂げています。この発表では最新の解析技術を用いた金属材料の分析例をご紹介します。

more

【9月8日】

15:00~15:30

A8

簡単・便利!JAIのキューリーポイント加熱による熱分解GC・GC/MS分析~入門編~

  • 日本分析工業

当社のパイロライザーは細かな解析が必要なGC/MS分析用途から品質管理等で使われるGC/FID分析用途まで幅広いお客様にご愛用頂いております

more

【9月8日】

15:45~16:15

A8

ソフトイオン化 GC & LC/MS でできること - 要因は何? 有機電子材料のバッチ間比較・製品不良 -

  • 日本ウォーターズ

有機電子材料に限らず、バッチ間の比較や製品の不良要因を追究することは品質向上、長寿命化のために重要である。本講演ではウォーターズならではの分析および解析アプローチを品質要因解析事例と共に説明する。

more

【9月8日】

10:15~10:45

A9

いまさら聞けないロータリーエバポレーターのお話。裏技、コツ、業務効率アップの方法をご紹介いたします。

  • 日本ビュッヒ

正しい使い方やコツを知っていただけると、皆様の業務効率が上がることは間違いなし。便利な機能や使用例もご紹介します。#合成#分析#機能性粒子#食品#フレーバー#天然物#スケールアップ#突沸#自動化

more

【9月8日】

11:00~11:30

A9

ハンドヘルド型及び各種ポータブル蛍光X線装置の最新技術について

  • アワーズテック

ハンドヘルド型及び各種ポータブル型蛍光X線装置におけるアワーズテック最新技術について紹介します。リサイクル廃棄物、コンクリート塩害分析事例についても紹介いたします。

more

【9月8日】

11:45~12:15

A9

ガス分析の常識が変わる~infiTOF(tm)で水素からでも精密質量分析

  • カノマックスアナリティカル

infiTOFは、単相100V電源でオンサイト分析が可能な可搬型(40kg)の精密質量分析 計です。水素などの様々なアプリケーションを通して、製品のご紹介を行います。

more

【9月8日】

12:30~13:00

A9

マイクロウェーブ試料分解装置を使いこなそう!~容器の選択からメンテナンスまで重要なポイントをまとめてご紹介~

  • アナリティクイエナ ジャパン

分解容器は何を基準に選択していますか?speedWAVE XPERTの3種類の容器の特長とサンプルに合わせて効率的かつ安全な分解のための容器の選択、分解容器の日常的なメンテナンスについて説明する。

more

【9月8日】

13:15~13:45

A9

凝集・分散による粗大粒子粒子管理に付いて、アキュサイザーを使用した定量測定の有効性をご紹介。

  • 日本インテグリス

液体、スラリーサンプルに含まれる凝集や粗大粒子の検出に有効な「アキュサイザー」による定量測定の有効性をその基本原理から実際の運用例を含め解説。また自動化によるオンライン測定の現状についても紹介します。

more

【9月8日】

14:00~14:30

A9

ECZ Luminous™の最新機能 位相共分散処理を利用したNMRスペクトルの桁違いのS/N向上

  • 日本電子

最新のNMR装置に実装された全く新しいノイズ低減処理を紹介する。 この手法を用いることで最大で約10倍のS/N向上が可能であり、これによって従来手法に比べ測定時間を大幅に短縮することが可能となる

more

【9月8日】

14:45~15:15

A9

ケミカルイメージングはここまで進化している。ナノフォトンの最先端のレーザーラマン顕微鏡を使いてポリマーを観察してみよう!

  • ナノフォトン

ケミカルイメージングは成分分布だけでなく結晶度、応力、配向性等のイメージングも可能です。ポリマーを測定した生データを用いて様々なラマンイメージングを紹介します。

more

【9月8日】

10:15~11:15

A10-11

【DX支援】化学・材料メーカーのR&D/QCラボのデジタルトランスフォーメーション

  • 日本ウォーターズ

化学・材料メーカーのデジタル推進とは? 膨大なデータの集約による属人化の解消、ラボの業務効率化を行うデジタルトランスフォーメーションの仕組み、サービスの種類をビギナー向けに解説する。

more

【9月8日】

11:30~12:30

A10-11

微粒子特性評価の新たな挑戦
- 粒子サイズ・形状・表面構造の評価など

  • 島津製作所

微粒子特性評価は、電池、触媒、バイオ医薬品などの技術開発において必須となっている。本講演は微粒子のサイズ、形状、表面細孔構造の評価などに関する最新事例を紹介する。

more

【9月8日】

12:45~13:45

A10-11

JASIS初公開!“赤外分光(パーキンエルマー)×ラマン分光(ナノフォトン)”による最高峰の顕微イメージング連携の世界!

  • 池田理化

大きな進化を遂げた顕微イメージングの世界…!最高レベルの空間分解能連携における課題解決測定事例をJASIS限定初公開。どちらの製品からの観点からでも堪能いただける想像を超えた性能を是非ご覧ください

more

【9月8日】

14:00~15:00

A10-11

HPLC分析の基本とよくあるご質問

  • 昭和電工

HPLC分析の基本的な知識とよくあるご質問を取り上げ、HPLC分析のスキルアップを提案する。

more

【9月8日】

15:15~16:15

A10-11

【FT-IR】【ラマン】多くの材料の評価に活用できる!顕微FT-IRと顕微ラマンを使った材料評価事例のご紹介

  • サーモフィッシャーサイエンティフィック

赤外・ラマン分光は分光法の特性を活かした材料の解析を行うことが可能である。新しく発売された顕微FT-IRを用いたフィルムなどの材料評価や反応と劣化解析、共鳴ラマンを利用した解析などの事例を紹介する。

more

【9月8日】

10:15~11:15

201

【FT-IR】【マイクロプラスチック】マイクロプラスチック分析においてFT-IRの能力を最大限に生かすヒントのご紹介

  • サーモフィッシャーサイエンティフィック

マイクロプラスチック分析において種類判別・成分特定にはFT-IRが多く利用される。多数のマイクロプラスチックを解析するには工夫が必要となることも多い。ご活用いただけるヒントなどをご紹介する。

more

【9月8日】

11:30~12:30

201

【構造、物性、反応解析に新たな手法を!】卓上型磁気共鳴装置によるフロー実験の紹介

  • ブルカージャパン株式会社

卓上型フーリエ変換(FT-NMR)及び時間領域核磁気共鳴(TD-NMR)、電子スピン共鳴(ESR)装置によるフロー実験の構築、応用例の紹介。構造、物性、反応解析をフロー制御下で行うことで新たな知見、ラインでの応用に期待。

more

【9月8日】

12:45~13:45

201

次世代医薬品の精製から分析の最前線 ~ mRNA, 脂質ナノ粒子, AAV, オリゴ核酸を中心に ~

  • アジレント・テクノロジー

中分子、バイオ医薬品と多様化する創薬モダリティ。精製からデータ解析までを自動化・省力化する最新事例を公開する。"From Sample to Answer"を加速させるノウハウ、勘所を紹介する。

more

【9月8日】

14:00~15:00

201

品質検査を”すぐに”、”だれでも”
卓上X線CTシステム XSeeker 8000

  • 島津製作所

コンパクトな筐体に160 kV の高いX 線出力を搭載し、樹脂成型品だけでなくアルミダイカスト部品や金属樹脂複合部品まで鮮明に内部観察できる新製品XSeeker 8000を紹介する。

more

【9月8日】

10:15~11:15

301

~熱分析はNEXTステージへ~
測定方法の基本と繊維強化樹脂等の複合材料への応用

  • 日立ハイテク

熱分析は複合材料の熱的性質の変化・機械強度に関する分析・試験・評価方法として、幅広く活用されています。本講演では、繊維強化樹脂(FRP)を中心に複合材料の熱分析測定方法の基本と応用事例を紹介します。

more

【9月8日】

11:30~12:30

301

【知っておきたい!】精度よく測定するためのpHの基本

  • 堀場アドバンスドテクノ

意外と知られていないpH測定の基本。測定の原理、精度よく測定するためのポイント、測定後のメンテナンスまでを網羅的に詳しく紹介する。複数のサンプルを例に、測定にぴったりの電極も提案する。

more

【9月8日】

12:45~13:45

301

前処理でここまで変わる電顕データ!クオリティ向上に必須の各種前処理手法のご紹介

  • 日立ハイテク

SEM観察の幅を広げる前処理手法。今までSEM観察が難しかった試料に対してイオンミリングやイオン液体法などでアプローチし、観察品質を向上させた事例を紹介します。

more

【9月8日】

14:00~15:00

301

イオンクロマトグラフ(IC)基礎セミナー
~分離の基本から、高感度測定まで~

  • 東亜ディーケーケー

ICの基礎知識・分離・検出のコツなど、測定に役立つヒントをご提供。溶離液やカラム、サプレッサの選択など、高感度に安定した測定を行う方法を、実例を交えて紹介する。

more

【9月8日】

15:15~16:15

301

ラボでの反応最適化と安全性検討そして晶析操作で起こりうる様々な問題の解決と対処手法

  • メトラー・トレド

実験室で問題となりうる有機合成の様々な問題に対する解決策を測定例を交えて紹介し安全で堅牢な反応条件の構築を紹介、また多型や濾過性など晶析操作で起こりうる問題を解決する

more

9月9日(金)実施セミナー

【9月9日】

10:30~11:00

A1

近赤外分光でSDGsに貢献!ビーエルテックの新しい挑戦

  • ビーエルテック

NIRによる栄養成分測定の実現や菓子中アクリルアミドの微量成分分析等、時世やニーズに合った事例とともに、近年着目されるSDGsに関した最新の事例と、新製品を紹介する。

more

【9月9日】

11:15~11:45

A1

これで手間いらず!CP加工のコツお教えします。~様々な試料に適した前処理方法の紹介~

  • 日本電子

クロスセクションポリッシャ™(CP)はSEM等による断面観察・分析用の試料作製に広く用いられている。良質な加工面を得るためには試料の前処理が重要である。今回は様々な試料に適した各種前処理方法を紹介する。

more

【9月9日】

12:00~12:30

A1

劣化プラスチックライブラリを使用した高精度なマイクロプラスチック分析のコツとポイントを一挙公開!

  • アジレント・テクノロジー

マイクロプラスチック分析において、プラスチック種の判別には使用するライブラリが重要となる。実際の環境サンプルから取得した劣化プラスチックライブラリを使用した分析手法などをご紹介する

more

【9月9日】

12:45~13:15

A1

測定前に知っておこう!原子吸光光度計の上手な使い方

  • 日立ハイテク

測定前にチェックすべき項目をご紹介し、最適な条件で精度の高い原子吸光の測定をご提供します。

more

【9月9日】

13:30~14:00

A1

「多核種NMR、フロー反応モニタリング、温度可変NMR、オートサンプラー」広帯域卓上型NMR X-Pulseのご紹介

  • ジャスコインタナショナル

広帯域卓上型NMR X-Pulseは豊富なオプションで様々なアプリケーションに対応します。多核種NMR測定、フローセルによる反応モニタリング、温度可変NMR測定、オートサンプラーによる多検体測定の例をご紹介します。

more

【9月9日】

14:15~14:45

A1

蛍光X線分析とは?
蛍光X線の原理から、元素マッピングができる微小部蛍光X線の最新技術まで、分かり易く解説します。

  • ブルカージャパン株式会社

蛍光X線分析は、多様な材料の元素分析を可能にします。なかでも、M4 TORNADOは、さまざまな形状のサンプルのマッピング分析を可能にする微小部蛍光X線です。ぜひ最新技術に触れてみてください。

more

【9月9日】

15:00~15:30

A1

~熱分析はNEXTステージへ~
信頼性向上と操作ミス削減 自動化オペレーション!

  • 日立ハイテク

煩雑な操作から解放され、ミスを削減し、省力化可能なソフトウェア等の自動化機能をまとめて紹介します。

more

【9月9日】

15:45~16:15

A1

ナノフォトンのレーザーラマン顕微鏡による食品のケミカルイメージング

  • ナノフォトン

食品中の糖分、脂質、タンパク質、でんぷん、水分等を可視化することで製品開発時間の短縮が可能となります。ナノフォトンのレーザーラマン顕微鏡によってこれらの事例を紹介します。

more

【9月9日】

10:15~10:45

A2

共焦点ラマン顕微鏡の最新機能とポリマー材料の測定事例

  • オックスフォード・インストゥルメンツ

alpha 300 共焦点ラマン顕微鏡の特性や高速イメージング、形状追従イメージング等の機能紹介およびポリマー材料への応用を新機能解析法とともに紹介する。

more

【9月9日】

11:00~11:30

A2

RoHS 指令・ REACH 規則などで規制される特定化学物質のスクリーニング手法について

  • 日立ハイテク

有害化学物質の規制の最新の動向とその管理に掛かる経費や時間を改善するためのスクリーニング手法を提案

more

【9月9日】

11:45~12:15

A2

カーボンニュートラルを支援!
~CO2固定化評価方法の分析事例紹介~

  • 島津製作所

全有機体炭素計TOC-Lとポータブルガス濃度測定装置CGT-7100を評価手段としたコンクリート中に吸収・固定されたCO2の評価やアミン水溶液によるCO2吸収実験により評価した例をご紹介します

more

【9月9日】

12:30~13:00

A2

最適なLC分析法の開発を可能にするシステムをご紹介~実験計画法を活用し、効率的なLC分析条件の探索が可能に~

  • 島津製作所

デザインスペース手法を用いて分析条件と分析結果の関連性を視覚化し、頑健で最適なLC分析条件探索を可能とするシステムをご紹介します。本システムは、従来手法と比較し分析回数を約70%に削減できます。

more

【9月9日】

13:15~13:45

A2

電子プローブマイクロアナライザーの発展 ~特性X線を用いた定量・状態分析による材料解析~

  • 日本電子

電子プローブマイクロアナライザーの波長分散型分光器数を減らすことなく、軟X線分光器の装着が可能となった。 装置の構成を示すとともに、材料解析の事例を紹介する。

more

【9月9日】

14:00~14:30

A2

【顕微ラマン分光】高空間分解能・高速マッピング・高感度!! イメージング ラマン測定の基礎と高分子材料への応用

  • レニショー

顕微ラマン分光は有機、無機問わず幅広いサンプルの成分を、1μm以下の高空間分解能で高速でマッピング分析ができます。 顕微ラマン分光測定の基礎と高分子材料への応用例をご紹介します。

more

【9月9日】

14:45~15:15

A2

MSイメージング分析をもっと簡単に。トータルMSイメージングシステムであなたをサポートします。

  • 島津製作所

MSイメージングは、やってみたいけど難しそう。島津のMSイメージングは、前処理からデータ解析までトータルでサポート。分析装置だけでなく、前処理装置やソフトウェアまで、事例を交えて紹介する。

more

【9月9日】

15:30~16:00

A2

SEM観察前の簡易微小部分析に最適!微小部X線分析装置「XGT-9000」のすべて

  • 堀場製作所

【ブースでも実機で実演】40年に渡り培った蛍光X線分析技術の集大成、XGT-9000 微小部X線分析装置の最新機能を紹介!軽元素にもBから対応、数十μmオーダの異物分析、感度アップによる高速測定など。

more

【9月9日】

10:30~11:00

A3

放っておいたら観察完了! ~JEOLが提案するSEMの新しい観察スタイル~

  • 日本電子

JEOLでは新しく自動撮影機能(Simple SEM)を搭載したSEMをリリースした。Simple SEMにより、観察視野の指定だけで多視野や複数倍率の連続自動撮影が行える。本講演では、本機能の詳細と活用事例について紹介する。

more

【9月9日】

11:15~11:45

A3

濃厚分散系材料の問題をまとめて解決! ~原材料の調整から分散性・安定性評価に関する手法~

  • 英弘精機

汎用性が高いスラリーだが、粒子濃度が高く不安定なことが多い。そのトラブルに対し、分散時のポイント、分散性を含めた調整時の複数の評価法、評価装置について具体的な事例を用いて紹介する。

more

【9月9日】

12:00~12:30

A3

【いま、聞きたい!】pH計のデータインテグリティ対応(DI対応)の基本

  • 堀場アドバンスドテクノ

スタンドアロン計測器のDI対応はお済みでしょうか?pH計のHORIBAが提案する3つのパターン(LIMS接続の場合、pH計をプリンタと組み合わせる場合、弊社ソフトを用いる場合)を紹介します。

more

【9月9日】

12:45~13:15

A3

【FTIR・ラマン】今日から使える分析ノウハウ~正しい結果を導く測定・解析のテクニック~

  • 日本分光

FTIR・ラマンの測定におけるノウハウを、サンプル形状による分析法の選択やFTIRとラマンの使い分けなどの具体例を交えて解説する。また、得られたデータに対する前処理や解釈についてもポイントを紹介する。

more

【9月9日】

13:30~14:00

A3

オリゴ核酸・mRNAなど新創薬モダリティのHPLC分離

  • ワイエムシィ

オリゴ核酸、mRNA、AAVなどの核酸関連物質の分離ニーズが高まっている。これらモダリティのイオン交換や逆相モードでのHPLC分離について、最適化例や新製品情報を交えて紹介する。

more

【9月9日】

14:15~14:45

A3

データ管理にかかる負荷を軽減!査察時におけるデータインテグリティ対応ポイントとLabSolutions TOC

  • 島津製作所

各規制当局の査察ポイントをおさえて、データインテグリティに対応! データ管理と運用上の対応ポイントをご紹介。LabSolutions TOC はデータ管理にかかる時間を軽減します。

more

【9月9日】

15:00~15:30

A3

新型ビデオレートAFM(Cyher VRS1250)によるナノスケールダイナミクスのその場観察

  • オックスフォード・インストゥルメンツ

Cypher VRS1250 ビデオレートAFMの特長とライフサイエンスや材料分野への応用事例についてご紹介いたします。

more

【9月9日】

15:45~16:15

A3

医薬品の微量成分検出から、内部構造の観察まで!
ハイパフォーマンスX線分析の活用と安心して使える装置の法令適合

  • ブルカージャパン

医薬品に対して、微量成分の検出・定量や錠剤の内部構造観察など、X線分析を用いることで様々な評価が可能です。今回はXRDを中心に、装置の性能やGxPなど各種法令への適合について説明いたします。

more

【9月9日】

10:15~10:45

A4

最新多次元検出器が実現する多彩なX線回折測定事例のご紹介

  • リガク

独自の特許技術で最高峰のフィルターレス測定を実現。高計数・高いエネルギー分解能による低バックグラウンド・高S/N比の多次元データを取得可能な最新多次元X線検出器による測定例を紹介する。

more

【9月9日】

11:00~11:30

A4

【粒子の新たな一面を発見】レーザ回折・散乱法の欠点を補う、動的画像法の5つのメリット

  • スペクトリス(株)マルバーン・パナリティカル事業部

レーザ回折・散乱法の装置に画像法のユニットを追加することで、トラブルの回避、高い製品品質を保証する信頼性の高い分析結果の提供、簡便な分析法の移管などを可能にするその手法と測定事例をご紹介します。

more

【9月9日】

11:45~12:15

A4

マイクロピペットによる分注作業を手軽に自動化 Andrew+

  • 日本ウォーターズ

ラボオートメーションにひとつの答え。人の手を介さず、最新のロボティクス技術を採用した、マイクロピペットでの分注作業を手軽に自動化するソリューションを説明する。

more

【9月9日】

12:30~13:00

A4

分析天秤に求められる質量の精確な測定ー米国薬局方・欧州薬局方・qNMR通則

  • メトラー・トレド

2022年1月に施行された欧州薬局方、2013年12月に施行された米国薬局方、2018年に発行されたJIS K 0138qNMR通則にて定義される精確な(精密かつ正確な)質量測定の要件を解説します。

more

【9月9日】

13:15~13:45

A4

キャピラリーレオメーター/回転型レオメーターの基礎 ~液体のレオロジー~

  • NETZSCH Japan

ポリマー, 塗料, 食品を取り扱う上で原料検査, 製造工程, 製品特性すべてを最適化するためにレオロジー特性をとらえることは重要です。液体のレオロジーの基礎について解説いたします。

more

【9月9日】

14:00~14:30

A4

測定前に知りたい!正しい理解と測定のための分光光度計の基礎!!

  • 日立ハイテク

分光測定を始めたばかりの人も、良い結果が得られない人も、基本を見直してみませんか?分光光度計の原理・基礎について説明します。

more

【9月9日】

14:45~15:15

A4

GC法による各種ガス中の全自動油分測定方法のご紹介~炭酸ガス中・LPガス中他特殊ガス中油分の測定用システム~

  • ジェイ・サイエンス・ラボ

GCによりガス中の油分を測定する場合、主成分・油分の定性方法・試料濃度等により、機器構成をカスタマイズする必要がある。炭酸ガスおよびLPガス中の油分測定を例に弊社の油分自動分析システムを紹介する。

more

【9月9日】

15:30~16:00

A4

再生プラスチックを「見る・測る・分析する」~各種分析装置での評価事例~

  • 日立ハイテク

日立ハイテクのコア技術「見る・測る・分析する」で再生プラスチックの評価を行った事例を紹介します。

more

【9月9日】

10:30~11:00

A5

質量分析法とポストカラム反応GC-FID法を組み合わせた香料成分の同時定性・定量技術のご提案

  • 堀場エステック

GC-MSは多成分の一斉定性で有用であるが、正確な定量のため測定対象物質毎に標準物質を用意する必要があった。この課題解決のため、ポストカラム反応装置を用いて1つの標準物質から多成分への定量を実現した。

more

【9月9日】

11:15~11:45

A5

原因知ってトラブル知らず!解説カラムトラブル解決のノウハウ~C18もHILICも実際にあったトラブルを元に~

  • クロマニックテクノロジーズ

カラムトラブルは起こるもの、起きた時にどう対処したら良いか実際にあった例を元にその原因と対処方法を解説します。さらにメーカーに問い合わせた際の的確な回答を得るためのコツを公開します。

more

【9月9日】

12:00~12:30

A5

液中微粒子の粒子径・ゼータ電位測定装置の紹介
アプリケーションや目的に合わせた評価装置の選択について

  • 日本インテグリス

CMPスラリー、セラミックス、顔料等固液分散系や液液系エマルション及び不溶性微粒子など多様なアプリケーションやその製品研究の目的に合わせた装置を選択するための一助となる情報を提供します。

more

【9月9日】

12:45~13:15

A5

レオロジーの概要とUV硬化システムを接着剤のUV硬化実例を交えてご紹介

  • サーモフィッシャーサイエンティフィック

UV硬化は硬化過程、硬化後においてレオロジー特性が非常に重要なファクターとなる。弊社システムは上部下部の照射システムを保有するため、実例と共に紹介する。

more

【9月9日】

13:30~14:30

A5

【基礎講座】HPLCの仕組みが分かる!~毎日使いたいHPLCを選ぶ3つのポイント~

  • 日本ウォーターズ

HPLCは日々進化し、性能が向上し、使い勝手が改善されている。HPLCの仕組みと選択するときのポイントをユーザーの視点で説明する基礎講座。

more

【9月9日】

14:15~14:45

A5

3次元電子回折と固体NMRの融合:マイクロ~ナノサイズの微小結晶構造解析を実現

  • 日本電子

3次元電子回折法単独では難しかった炭素・窒素・酸素の区別、水素原子の精密位置決定を固体NMRを相補的に活用することで実現した。

more

【9月9日】

15:00~15:30

A5

【★実際の画面・最新アプリ★見せます!】しっかり&簡単を実現したNCS社の<課題解決>試薬管理システムの活用術!

  • 池田理化

試薬管理でお困りの方必見!試薬管理アプリの基本から具体的な活用術まで新感覚の最新アプリを使ってご紹介。ここだけでお見せする実際の画面や課題解決のための活用術に注目!

more

【9月9日】

15:45~16:15

A5

【新製品】ハズレ値にハイライト!多検体の微量定量に確信が持てる質量分析計

  • 日本ウォーターズ

今年ウォーターズは、多検体の微量定量分析向けに「最新鋭質量分析計」と「新しいインターフェースのソフトウェア」を発表。残留農薬のアプリケーション例を紹介する。

more

【9月9日】

10:15~10:45

A7

卓上型MALDI-TOF-MSによる迅速・簡単分析で、あなたの知りたいを賢く解決します。

  • 島津製作所

卓上型MALDI装置は、設置場所を選ばず、簡単な操作で分析できる。微生物や不純物検出、合成確認など様々な用途での分析フローを、ソフトウェアと併せて紹介する。

more

【9月9日】

11:00~11:30

A7

30分で理解する原子間力顕微鏡(AFM)基礎 ~測定原理・最適化・プローブ選択のヒント~

  • ブルカージャパン

AFMは形状測定以外の用途、ナノ機械・電気特性等広く利用されている。一方でAFMの基礎を理解しないまま応用測定を試みるケースが多い。AFM基礎を解説し測定の最適化、プローブ選択方法のヒントについて紹介する。

more

【9月9日】

11:45~12:15

A7

デジタルトランスフォーメーション時代におけるラボのデジタル化とデータインテグリティ対応

  • アジレント・テクノロジー

ラボでは業務効率化と信頼性を両立させることが課題である。アジレントでは、OpenLabによる電子データ管理とSLIMSによるプロセスのデジタル化により課題解決と共にデータインテグリティ対応を提案する。

more

【9月9日】

12:30~13:00

A7

電子顕微鏡用・新世代EDS検出器XFlashR 7 シリーズご紹介と、EDS分析アプリケーションデータのご紹介

  • ブルカージャパン

電子顕微鏡用、新世代EDS検出器XFlashR 7 シリーズがリリースされました。本EDS検出器は過去に無い革新的な技術を有しており、データ品質の向上はもちろんの事、無駄な時間の削減を可能にしました。

more

【9月9日】

13:15~13:45

A7

あらゆる地域・産業階層でカーボンニュートラル・資源循環社会の実現に貢献する、これからの時代の「はかる」技術

  • 堀場製作所

グローバルなHORIBAだからできる!燃料電池・水電解・水素燃焼、CCUS、蓄電まで、幅広い材料分析・プロセス監視、評価装置を提案。さらにDXを組み合わせエネルギー利用の見える化・課題抽出を支援。

more

【9月9日】

14:00~14:30

A7

電位差自動滴定とマニュアル滴定を1台で行う、新機能搭載電位差自動滴定装置の紹介

  • メトロームジャパン

マニュアル滴定モードを搭載した電位差自動滴定装置を紹介する。昨今要求が高まっている、手分析で得られたメタデータの電子ファイルの保存に大きく貢献できる。

more

【9月9日】

14:45~15:15

A7

あなたのラボにもう一本。ODSだけじゃない、おさえておきたい話題のフェニル系カラム

  • Restek

Biphenyl固定相のパイオニアであるRestekから、注目のBiphenylカラムのポイントと使い方のコツをご紹介。大きく選択性を変えたい場合に役立つPFPカラムも併せて解説します

more

【9月9日】

15:30~16:00

A7

液中ナノパーティクルサイザーシステム LNS Model 9310のご紹介

  • カノマックスアナリティカル

コロイド懸濁液中の粒度分布計測は、特に 100 nm 未満のパーティクルを対象とする場合困難です。液中ナノパーティクルサイザーシステム(LNS)は6-562 nmの液中粒度分布を高分解能で計測することが可能です。

more

【9月9日】

10:30~11:00

A8

トラブルの原因は何?明日からできるHPLCのトラブル解決法 ~基礎編~

  • 大阪ソーダ

HPLC分析でよく起こるトラブルを装置・カラムの両面として考察し、その解決方法についてやさしく解説する。基礎編では基礎的な内容について解説する。

more

【9月9日】

11:15~11:45

A8

LabSolutions DB/CSによるラボエラーの低減対策とデータインテグリティ対応のポイント

  • 島津製作所

LabSolutions DB/CSは業務上のエラーを減らして効率的にデータインテグリティ対応を実現する機能を多数実装しています。査察での指摘事例などを踏まえ、実務的で具体的な対応方法を紹介します。

more

【9月9日】

12:00~12:30

A8

完全自動高速STEM/EDS粒子解析による食品添加物、触媒ナノ粒子、金属析出物などの大量データ取得技術

  • サーモフィッシャーサイエンティフィック

食品添加物から触媒ナノ粒子まで様々な用途にご活用いただける微粒子の大きさ、形状や組成などの統計データを高速かつ自動で取得するAPWを紹介する。これにより、無人の終夜測定で大量データの取得が可能となる。

more

【9月9日】

12:45~13:15

A8

近赤外(NIR)分析法を使ったリアルタイム分析とは? 製造現場におけるプロセス型NIR分析システム導入事例のご紹介

  • 日本ビュッヒ

近年、製造現場において効率化・遠隔化・安全性などをキーワードにプロセス型NIR分析システムの導入が進んでいます。 リアルタイムのNIR分析とはどのような装置なのか?その原理や導入事例についてご紹介します。

more

【9月9日】

13:30~14:00

A8

多彩なアプリケーションに対応可能な次世代レーザースキャニングイメージャーのご紹介

  • ビーエム機器

3種類の検出器および高性能レーザーを搭載し多彩なアプリケーションに対応し、比類なき高感度かつ広いダイナミックレンジで検出が可能な次世代レーザースキャニングイメージャーを紹介いたします。

more

【9月9日】

14:15~14:45

A8

PFASを中心とした環境分析への応用      

  • 昭和電工

 HPLCカラムのShodex®から、逆相モードとは異なる視点のPFAS分析を提案する。 

more

【9月9日】

15:00~15:30

A8

ブレークスルーを創出する、Excillumの最高性能X線源技術
~非破壊検査への応用~

  • エキシルム

ExcillumのMetaJet及びNanoTubeX線源は、ユニークなターゲット技術と最先端の電子光学に基づく電子ビーム制御を用いて、従来のどのX線源よりも微小で高輝度なX線ビームを実現する。

more

【9月9日】

10:15~10:45

A9

分光測定と物性測定で食品を評価!様々な前処理例・分析例をご紹介します

  • ジャスコエンジニアリング

食品の処理方法や産地の違いから品質に大きな差が生じることがあります。分光測定と物性測定の両面からの評価例をご紹介します。

more

【9月9日】

11:00~11:30

A9

環境リサイクル分野におけるオンサイト成分分析の活用事例

  • リガク

環境リサイクル分野におけるオンサイトでのスクリーニング分析用途にて、可搬型の蛍光X線分析やハンドヘルド型ラマン分光計の活用事例を紹介する。

more

【9月9日】

11:45~12:15

A9

【GC・LC(MS)ユーザー必見!前処理装置ALL紹介】前処理の自動化で省力化と精度UPを.測定まで全自動分析も.試料凍結粉砕装置も.

  • アイスティサイエンス

分析前処理の当社自動化技術をALL紹介.残留農薬,環境,食品成分,メタボローム,におい分析などで多数導入.精製や誘導体化も可能.前処理から測定(GC・LC)まで全自動分析も実現.凍結粉砕装置での試料微粉砕技術も紹介.

more

【9月9日】

12:30~13:00

A9

高品質な再構成画像を得ることができる種々の補正手法を備えたX線CT再構成ソフトウェア

  • リガク

自動センター補正、モーション補正、ビームハードニング補正、リングアーティファクト補正等の各種補正手法を備え、高品質な再構成画像の取得を可能にする再構成ソフトウェアを紹介する。

more

【9月9日】

13:15~13:45

A9

民間企業の方も全国の大学の合成・分析設備が使える! 大学連携設備ネットワークとマテリアル先端リサーチインフラ事業のご紹介

  • 大学連携研究設備ネットワーク

全国78校の参画大学にある、3200台の共用設備の装置を検索・予約できる大学連携設備ネットワーク事業と、2021年に開始されたマテリアル先端リサーチインフラ事業について、内容、利用方法について説明いたします。

more

【9月9日】

14:00~14:30

A9

我が社にも1台!簡単に評価できる陽電子寿命測定装置!
その物性差、原子レベルの空隙が原因かも・・・?!

  • 池田理化

陽電子寿命測定法は、原子レベルの欠陥や自由体積を、非破壊かつ感度よく評価できるユニークな手法です! 誰でも簡単に測定できる本装置の特長や、他の分析手法との相関性を交えた評価事例をご紹介します。

more

【9月9日】

14:45~15:15

A9

AXON― が更に透過型電子顕微鏡に能力を与えます ‼

  • Protochips Inc.

AXON™はマシンビジョン技術を採用して、画像を安定させ、ユーザーが操作ではなく観察に集中できるようにします。また、収集した莫大な量のデータを、AXON Studio™を介して、分析および、共有できるようにします。

more

【9月9日】

15:30~16:00

A9

光劣化の有効な制御のために -照射波長に依存した分解ラジカルの観測-

  • 日本電子

試料の光劣化はラジカル生成が原因で起きることが知られている。限定した波長の光を照射しながらESR測定を行うことで、分解に寄与するトリガーラジカルが生成する波長を短時間に検討することができる。

more

【9月9日】

10:15~11:15

A10-11

AAを使い倒す!かゆいところに手が届く原子吸光120%活用術

  • 島津製作所

バーナ角度変更による高濃度試料測定やファーネス炉内のリアルタイム観測など原子吸光の一歩進んだ使い方、さらに最新の応用例もご紹介します。初心者の方にも熟練者の方にもきっと“新しい発見”があるはずです。

more

【9月9日】

11:30~12:30

A10-11

当社人気Web講師が送る 初めての質量分析基礎講座

  • 日本ウォーターズ

LCと接続して定性や高感度定量分析を行う質量分析計について、種類・原理・使い分け等を分析例と共に説明する。食品分野の分析例を主体とするが、化学・製薬等にも応用できるビギナー向けの基礎講座。

more

【9月9日】

12:45~13:45

A10-11

「実録:精製工程の自動化で叶えた、研究活動全体の “生産性向上”」

  • ChromaJean

ChromaJeanは、精製工程の自動化(仕組み化)の実現に成功した。 本講演では、ペプチドリーム社との戦略的業務提携における「特殊環状ペプチドの精製工程の自動化」において、短期間で得られた目覚しい成果を紹介する。

more

【9月9日】

14:00~15:00

A10-11

意外と知らない!?理化学用ガラス器具の正しい知識と取り扱い

  • 柴田科学

化学実験や分析には欠かせないガラス器具だが、その取扱方法を誤るとガラスの破損や重大な事故に繋がりかねない。そこで、理化学用ガラスの一般的な特性、用語の意味を解説し、安全な取扱方法について説明する。

more

【9月9日】

15:15~16:15

A10-11

島津LC製品を一挙ご紹介!~分離、検出、分取の全て~

  • 島津製作所

島津が機器分析需要に対し提供するLCソリューションを広く紹介する。分析/分取LC、分析/分取SFCやイオンクロマトグラフの他、当社独自のユニークなシステムや、関連ソフトウェアについても紹介する。

more

【9月9日】

10:15~11:15

201

水質測定基礎セミナー
~pH、ORP、電気伝導率、DO測定の基礎~

  • 東亜ディーケーケー

安定した水質測定のための基礎知識をご提供。各項目の測定原理、電極のメンテナンス方法などを実例をまじえて分かりやすく解説。気になる光学式と隔膜式DOの違いについてもご説明。

more

【9月9日】

11:30~12:30

201

わかりやすく解説!
~分析天びんの正確な計量/効率アップ術と最小計量値~

  • 島津製作所

分析天びんの静電気対策/対流抑制など正確な計量を提供する機能や最小計量値・日常点検の方法、スマートオートドアとタッチレスセンサの組合せ操作やミスのないデータ管理ツールによる作業効率アップ術をご紹介。

more

【9月9日】

12:45~13:45

201

「違いを見つける!」解析事例をご紹介
メタボロミクスをもっと身近に、そして簡単に。

  • 島津製作所

メタボロミクスは主に食品の機能性や疾患研究などに応用される研究手法である。前処理から解析までの手法を紹介する本セミナーをきっかけに、メタボロミクスを始めませんか。

more

【9月9日】

14:00~15:00

201

新製品!自動連続処理型マイクロ波酸分解装置Bladeブレードや自動高速溶媒抽出システムEDGEの特徴とそのアプリケーションについて

  • CEM Japan

試料の酸分解を驚くほど短時間で自動連続処理するマイクロ波酸分解システムBladeの特徴や、自動高速溶媒抽出システムEDGEのアプリケーション例などCEM社の魅力的な分析試料前処理装置についてご紹介いたします。

more

【9月9日】

10:15~11:15

301

ゲノムマップ解析プラットフォーム「HDマッピング」と小型卓上キャピラリシーケンサ「DS3000」を使ったゲノム構造解析

  • 日立ハイテク

次世代シーケンサやロングリードシーケンサで検出困難な大きなゲノム構造多型を、「HDマッピング」と「DS3000」を使用してゲノム構造情報を正確かつ費用対効果の高い方法で解析するワークフローを紹介します。

more

【9月9日】

11:30~12:30

301

GC-MSからはじめるSDGs ~定量分析における生産性の向上と代替キャリアガスについて~

  • 日本電子

持続可能な社会の実現に向けて、限られた資源としての労働力を効率よく運用し、 且つ供給が切迫するヘリウムガスを使わずにGC-MSを運用し、定量分析を行う方法について紹介する。

more

【9月9日】

12:45~13:45

301

自在な剥離角度と剥離面の観察による最新粘着特性評価手法
~機能性材料などの粘着・積層界面の品質向上に貢献します~

  • 協和界面科学

実使用を想定したあらゆる角度における高精度剥離試験の実現を目指し、従来法とは異なる発想で剥離角度制御可能な平板クロスステージ法を開発。本法による粘着特性の評価、剥離挙動の観察について紹介する。

more

【9月9日】

14:00~15:00

301

美味しさの客観的評価でお困りの方必見!
質量分析計による匂いや味の科学的アプローチに関する最新手法と分析事例を一挙紹介

  • 島津製作所

食品や飲料の研究開発において、美味しさの客観的な評価の重要性が増している。本セミナーでは、初心者から経験者まで、GC-MSによる簡便かつ高効率に匂いや味の分析が可能な最新分析手法とその事例を紹介する。

more

【9月9日】

15:15~16:15

301

【FT-IR】【異物分析】リサーチグレード顕微FT-IR「Nicolet RaptIR」-全く新しい赤外顕微鏡分析フローの提案-

  • サーモフィッシャーサイエンティフィック

革新的な分析ワークフローの提案。高精細カメラによるオート広視野撮影から始まるポイント・イメージング分析、各種データ解析は斬新かつ直感的な操作性を有する。粒子解析機能はマイクロプラスチック分析等に適する

more