JASIS(ジャシス=Japan Analytical & Scientific Instruments Showの頭文字)は、2012年の第50回分析展(日本分析機器工業会)と第35回科学機器展(日本科学機器協会)を機に、合同展の統一名称として決めれらたものです。

JASISという名称は

「日本発―From JAPAN」により、世界の科学技術の発展に貢献するという熱い想いが込められております。
広く一般に公募を行い、応募作577案の中から選考されたもので、諸外国での受容を考慮し、国際的使用に適うものとしました。

ロゴデザインは

「この分野でアジアの中心となる展示会」というコンセプトから、「日本らしさ」「アジアらしさ」を訴求する毛筆書体を中心に構成。
毛筆書体は力強さを、その他の書体は分析・科学機器がもつ精緻さ、精密さを表現しています。

ポスターデザインコンセプトは

「まだ見ぬ未来が見える時間」
これまで見ることができなかった世界、イメージすらできなかった未来が、「JASIS」を訪れることで、鮮明に見えるようになり、虹色に輝き出す。
目前に広がる未来の形を見て、聞いて、肌で感じ、ここでしか得られない情報を入手できる。
最新の分析機器・科学機器の情報が溢れる「JASIS」は、分析機器・科学機器ユーザーの皆様にとって、そんな場所でありたいと思います。

皆様のご来場をお待ちしております。

キャッチフレーズ

「未来発見。Discover the Future.」には

  • JASISが日本ならではの高度で繊細な技術やものづくりの発想があふれる場であること
  • この分野のアジア最大級の展示会として、イノベーションを生み出し、将来のビジネス発展につながる発見がある場であることをこめています。

JASISは、グローバルな情報発信力の強化により、世界的地位の向上を図るため、世界をリードする各種業界、関連機関と更なる連携強化をはかり、 国内はもちろん、アジアおよびその近隣諸国などへの強力なプロモーションを予定しています。 引き続きJASISへのご愛顧、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

ページトップ