オックスフォード・インストゥルメンツ(株)

ブースNo.5B-504Website
主な出展製品

エネルギー分散型X線分析装置(EDS)、波長分散型X線分析装置(WDS)、結晶方位解析システム(EBSD)、原子間力顕微鏡(AFM)、走査型プローブ顕微鏡(SPM)、化学機器用デジタルカメラ(CCD/CMOS)、共焦点レーザー顕微鏡(Confocal laser microscope)、磁気共鳴(MR)装置

見どころ情報

オックスフォード・インストゥルメンツは世界をリードする先端技術分野の企業や科学研究者の皆様に高度な技術製品やシステム並びにツールをご提供します。
JASIS2020では電子顕微鏡用の分析機器・高性能AFMシステム・高精度CCDカメラ・共焦点レーザー顕微鏡システムおよびMRをご紹介します。
エネルギー分散型X線分析システム(EDS)、AZtecLiveは、大口径SDDと新設計高速パルスプロセッサにより、業界初のX線ライブイメージングを実現。結晶方位解析システム(EBSD)、AZtecHKLは業界初のCMOS搭載カメラで高速と高精度を両立させたシステムです。ナノメートルからマイクロメートルスケールでの高速分析の世界をご覧ください。
アサイラム・リサーチ事業部より、実機展示を行います。基本性能の高さや操作性などの魅力を、実演デモを交えてご紹介致します。

関連情報
セミナー情報
EDSとWDS SEMを使った元素分析のポイント
オックスフォード・インストゥルメンツ(株)
25分/50分 25分 言語 日本語
開催日 2020/11/11 時間 11:45〜12:10
部屋 A-7 分野 ナノ・材料
SEMを使った元素分析装置として使用されているEDSとWDSについて、使い分けや有効な手法を説明する。
EDSとEBSDを使ったバッテリー材料の評価
オックスフォード・インストゥルメンツ(株)
25分/50分 25分 言語 日本語
開催日 2020/11/13 時間 14:25〜14:50
部屋 A-8 分野 ナノ・材料
リチウムイオン電池等の電池材料を評価するためのEDS/EBSD分析技術を紹介する。
EBSDを使った高強度軽量鋼の微細構造解析
オックスフォード・インストゥルメンツ(株)
25分/50分 25分 言語 日本語
開催日 2020/11/13 時間 14:25〜14:50
部屋 N-6 オープンソリューションフォーラム会場 分野 その他
EBSD(電子線後方散乱回折)はSEMに検出器を搭載して材料の微細構造を解析する装置である。EBSDを使って軽量高強度鋼板の集合組織や結晶粒、粒内ひずみ等の微細構造を解析した事例を紹介する。
出展社ホームページ
ページトップ