セミナー(幕張/オンライン)

先端材料

CO2分離膜の概観

山口大学/大学院創成科学研究科 名誉教授/学術研究員
喜多 英敏 氏

本講演では、カーボンニュートラル達成に不可欠なカーボンキャプチャーにつながる省エネルギーなCO2分離・回収技術として期待されている膜分離法の基礎と実用化段階に進んでいる高分子分離膜及びゼオライト膜や炭素膜などの新しい無機分離膜の最近の進歩について紹介する。

プラスチックリサイクルからみる炭素循環

東北大学/大学院環境科学研究科 教授
吉岡 敏明 氏

カーボンニュートラルとサーキュラーエコノミーへの転換が国際的取り組みとして重要になってきている。本講演では、プラスチックリサイクルを通してカーボンニュートラルとサーキュラーエコノミーの実現の期待と可能性について解説する。

プラスチックリサイクルにおける機器分析の役割

東北大学/大学院環境科学研究科 助教
熊谷 将吾 氏

持続可能社会へ向けた取り組みが国際的に加速しており、プラスチックリサイクルもその重要な一翼を担っている。本講演では、プラスチックリサイクルにおける機器分析の役割について、特に、熱分解法によるプラスチックのケミカルリサイクルプロセス開発における機器分析の重要性に重きを置いて解説する。

サーキュラーエコノミーに貢献する環動高分子

東京大学/大学院新領域創成科学研究科 教授
伊藤 耕三 氏

最近、プラスチックのサーキュラーエコノミーが世界的な話題となっている。架橋点が自由に動く環動高分子は、プラスチック、ゴム、ゲルを強靭化するのに顕著な効果があることから、プラスチックのサーキュラーエコノミーを実現する上で重要なキーテクノロジーの1つと考えられる。

「しなやかなタフポリマー」が素材の可能性を拓く

東レ/化成品研究所 研究主幹
小林 定之 氏

東レでは環状高分子であるポリロタキサンを、ポリアミド6中にナノオーダーで高度に分散させる研究開発を進め、これによりポリアミド6の元来有す、剛性・強度を保ったまま、破断伸びを飛躍的に向上させた革新的な材料を開発した。本開発品は自動車、家電製品、スポーツ用品など疲労耐久性が必要な用途に広く展開が期待できる。

エネルギー産業の現状と今後の課題

日本エネルギー経済研究所/電力・新エネルギーユニット 担任補佐 研究理事
小笠原 潤一 氏

電気事業を中心にエネルギー産業の低炭素化に向けた現状と課題を紹介する。電気事業では自由化に伴う供給力不足や高エネルギー価格による電気料金上昇が問題になっている。それに加えて低炭素化に向けて、水素・アンモニアの活用や分散型供給力の活用に向けた技術開発が課題になっている。

ライフサイエンス

新規参考情報 「せん断セル法による粉体の流動性測定法<G2-5-181>」について

星薬科大学/薬学部 教授
米持 悦生 氏

せん断セル法による粉体の流動性測定法は,粉体試料を圧密しながら水平方向に横滑りさせたとき,非流動状態から流動状態に移行する際のせん断応力を計測する試験法である.講演では取得できる粉体特性パラメータの意味、測定時の注意点、さらに製剤設計への適用性について解説する。

「ヒトゲノム計画から30年、医学・生命科学・バイオテクノロジーの大変革」

東京大学/名誉教授
榊 佳之 氏

ヒトゲノム計画開始から30年、生命科学やバイオテクノロジーの革命的な進展を3つのフェーズに分けて考察する。1)ヒトゲノムの扉を開いた「ヒトゲノム計画」の挑戦、2)「ヒトゲノム」という確固たる基盤の上に驚異的発展を遂げた生命科学、バイオテクノロジー、3)新しいバイオテクノロジー:人類の未来を拓くか?

DNA解析技術の開発 ーーーDNAシーケンサから1細胞および組織解析へーーー

フロンティアバイオシステムズ 代表取締役
日立製作所 名誉フェロー
神原 秀記 氏

1980年代初頭からDNA解析関連システムの開発に従事し、キャピラリーアレーDNASを開発した。これを用いてヒトゲノム計画は終了し、DNAの医療応用が始まった。それには生体組織を構成する種々細胞の挙動を解析する必要があった。そこで、1細胞解析さらに組織の部位特異的解析に必要な技術開発を行ってきたので紹介する。

生命科学研究を加速する未踏分析技術へのグローバルな挑戦 はじめに – 生物工学研究における分析機器の重要性

広島大学/大学院統合生命科学研究科 教授
中島田 豊 氏

目覚ましく発展するバイオテクノロジーの研究開発において、最先端の分析技術および分析機器の活用が必須となっている。ここでは、本セミナーの趣旨と共に、最先端の研究開発を加速するためのバイオテクノロジー研究者と分析機器開発者との協働の重要性をお話したい。

代謝物分析の高度化に向けた超臨界流体抽出・クロマトグラフィー装置の開発

九州大学/生体防御医学研究所 教授
馬場 健史 氏

我々のグループでは,ユニークな性質を有する超臨界流体をメタボローム解析に効果的に適用することを目的として,種々の超臨界流体抽出分離技術の開発を試みている.本講演では,これまでに島津製作所と取り組んできたSFE-SFC-MS装置の開発について紹介させていただき,代謝プロファイリングの有用な分析ツールとなりうる超臨界流体抽出分離技術の可能性について皆様と共有させていただきたい.

メタボロミクスデータを処理し、仮説を導出するには

大阪大学/大学院情報科学研究科 教授
松田 史生 氏

質量分析法を用いたメタボロミクスでは、代謝物シグナルのピークピッキング、代謝物プロファイルの可視化といったデータ処理に加え、含量が増減した代謝物リストからその背後で働く分子メカニズムに関する仮説の導出が求められる。メタボロミクスデータを処理し、仮説を導出する技術の現状と今後の展望について紹介する。

未踏計測科学が切り開く未来型創薬の展望

東北テクノアーチ(TLO)/社長補佐・産学連携アドバイザー
根本 靖久 氏

クライオ電顕、ナノテラスといった数多くの未踏計測技術の発展が、Undruggable Targetに対する新たな分子構造ベースでのマルチモーダル創薬の可能性を広げている。本セッションでは、そのような未来型創薬の潮流と可能性について次世代核酸、PROTAC創薬等に焦点を当てて紹介する。

高活性触媒的標的RNA切断機能付与型人工核酸医薬による新時代核酸医薬の展望

東北大学/多元物質科学研究所 有機・生命科学研究部門主任 教授
和田 健彦 氏

従来核酸医薬は細胞内導入量が非常に低く、RNase Hを活用したRNA選択的消化に基づく触媒的核酸医薬戦略が注目されているが触媒回転数が低く薬効向上は限定的であった。我々は、標的RNAの位置選択的消化機能機能を付与した次世代型核酸医薬・キメラ人工核酸医薬を用い、標的RNA消化効率を飛躍的に向上させることに成功し、低濃度でも効果的な核酸医薬効果を発現した。今後Undruggableな細胞内分子標的を対象とした次世代核酸医薬への展開が期待されている。

Undruggableな分子標的をdruggableにするPROTAC創薬研究の展望

東北大学/大学院薬学研究科 教授
岩渕 好治 氏

PROTACは、ユビキチンープロテアソーム蛋白質分解系を巧みに“ハイジャック”して、かつて低分子化合物では対象とは出来なかった細胞内の疾病関連蛋白質を創薬の対象とすることを可能とした画期的創薬モダリティとして注目されている。本講演ではPROTAC分子の設計・合成に預かるケミストの視点からの展望を解説する。

標的タンパク質分解誘導による医薬品パイプライン充実化

アステラス製薬/プロテインデグレーター部門長
早川 昌彦 氏

鍵と鍵穴の関係から触媒のはたらきへ。合成医薬品の創薬にパラダイムシフトが起きつつある。アステラスはその最先端で、従来標的にできなかったタンパク質へアプローチしている。KRAS変異をもつがんの開発候補品を皮切りに、他疾患へ展開する取り組みを紹介する。

教育

自信の持てる溶液調製-何をどのように溶解するか-

宇都宮大学/工学部 教授
上原 伸夫 氏

分析操作の基本の一つである溶液調製に着目し,先ず,分析操作においてよく用いられる濃度について詳細に解説する。さらに,化学分析で避けられないモル(物質量)濃度についてもモルの概念から優しく解説する。最後に,実務者の方が日常感じている溶液調製の疑問についても実例を挙げて解説する。

機器分析における測定値の信頼性

明星大学/大学院理工学研究科 教授
上本 道久 氏

機器分析装置が広範に普及するにつれて、あらゆる分析技術において分析機器の取扱いが重要になってきた。機器が出力する数値の意味を理解してその信頼性を評価することは分析者の責務である。本講演では、機器の取扱い方や機器が出力する数値の意味を解説し、測定値を適切に処理して分析値として提示するための基礎を示す。

環境

ヘリウム供給不足と環境分析

国立環境研究所/企画部 フェロー
鈴木 規之 氏

環境分析ではヘリウムガスを利用する技術が多くあり、昨今のヘリウムガス供給不足は環境分析にも大きな影響を与えている。ヘリウム代替技術は、当面の困難に対応するとともに、長期的には有限な資源であるヘリウム代替を進める意味でも重要と考えられる。ヘリウム代替技術の検討状況などについて紹介する。

ヘリウムの世界需給と日本の調達見通し

ガスレビュー/代表取締役社長
⼩泉 善樹 氏

ここ数年のヘリウム調達難の原因と今後の調達見通し、供給・需要両面での対応について、長年、工業用ヘリウムの市場動向を取材してきた業界専門誌の視点から解説していきます。

使用済みプラスチック再資源化に向けた企業連携活動

アールプラスジャパン/代表取締役社長
横井 恒彦 氏

社会課題である使用済みプラスチックの処理に関し、米国バイオ化学ベンチャー企業であるアネロテック社が進める高効率なケミカルリサイクル技術開発を、40社に及ぶ企業連携により支援。コアとなる技術の概要に加え、効率的な資源回収の仕組みづくりなど、循環社会の実現にむけ活動している内容を紹介する

大気中ナノ粒子の特性及びその健康リスク

金沢大学 /理工研究域 地球社会基盤学系 特任教授,金沢大学 名誉教授
古内 正美 氏

その健康リスクの高さから注目されている大気中に浮遊する直径が0.1ミクロン以下の「ナノ粒子」について、その測定手法、主に東アジアを中心とした現状、健康リスクおよび最近の環境ナノ粒子関連の動向について紹介する。

ベトナム・ハノイの都市部微小粒子状物質におけるAhRアゴニストの毒性同定と評価

ベトナム国家大学 ハノイ自然科学校 教授
Professor Le Huu Tuyen 氏

環境中の粒子状物質の粗抽出物におけるAhRリガンド活性(CALUX-BaPEQs)は、PM2.5(269~612、平均488 ng/m3)がPM2.5~10(6~42、平均28 ng/m3)、PM>10(6~8、平均7 ng/m3)と比較して有意に高いことが判明しました。全多環芳香族炭化水素(PAHs)は、PM2.5-10(9~23、平均14 ng/m3 dw)およびPM>10(1.6~8、平均5 ng/m3)よりもPM2.5(172~580、平均354 ng/m3 )で高いレベルで検出されました。また、メチル化多環芳香族炭化水素(MePAHs)は、PM2.5(26~70、平均44ng/m3)でより高く、PM2.5~10(1~4、平均2ng/m3)およびPM>10(0.5~2、平均1ng/m3)では低く、親よりも残留性および毒性が強いことが分かりました。環境中の粒子状物質におけるTheo-BaPEQは、PM2.5が45%、PM2.5-10が38%、PM>10が36%とカウントされました。その結果、BbkFは微小粒子におけるTheo-BaPEQの主要なアゴニストであることが示された。また、CALUX-BaPEQs、総PAHs、総MePAHs、Theo-BaPEQs/MEQs/CEQsは、粗粒子と比較して微粒子が最も多くの化学成分や毒性活性を持つ可能性が示唆されました。また、AhRリガンド活性と変異原性および発がん性の間には強い相関関係があり(ピアソンのρ = 0.97および0.99、p < 0.001)、周囲の粒子状物質中のAhRリガンド活性が高いほど、変異原性および発がん性が高いことを示唆しました。生涯発がんリスク(ILCR)の推計結果は、摂取、経皮契約経路で許容レベルである10-6を上回りました。このことは、地域住民がこの地域の環境中粒子状物質に頻繁に暴露された場合、高い潜在的な発がんリスクに直面することを示唆しています。

キーワード:AhRリガンド活性(CALUX-BaPEQs)、全多環芳香族炭化水素(PAHs)、メチル化多環芳香族炭化水素(MePAHs)、Theo-BaPEQs、ハノイ

重金属のリスク評価における安定同位体比分析の役割

東洋大学/生命科学部 教授
吉永 淳 氏

わが国では近年、食品安全委員会によって、鉛やヒ素、カドミウムといった古典的な重金属類のリスク再評価が行われている。リスク評価における必須のコンポーネントとしてばく露評価があるが、安定同位体比分析を用いることで、リスク評価だけでなく、その先のリスク管理においても有用な情報が得られる。こうした分析からわかることを、鉛を主な例として紹介する。

世界に広がる化学物質規制の最新動向「ストックホルム条約最新情報」

経済産業省/製造産業局 化学物質管理課
入間川 伸一 氏

ストックホルム条約(POPs条約)の概要
-Annex-A 追加物質
-リスク管理評価書を作成中の物質

海外におけるPFAS規制動向

三井・ケマーズ フロロプロダクツ/経営企画室
石川 淳一 氏

1)What is PFAS
2)EU PFAS Restriction Dossier & UK's RMOA
3)US PFAS Roadmap & PFAS restriction by States
4)Next step

欧州環境規制の動向(REACH/RoHS/エコデザインを中心に)

在欧日系ビジネス協議会/Policy Manager
三浦 哲三郎 氏

世界の法規制に影響を与える欧州法規制の中でREACH/RoHS/エコデザインについて、どのように規制を進めているかを解説する。

大気中マイクロプラスチックの実態解明と健康影響

早稲田大学/創造理工学部
大河内 博 氏

大気中マイクロプラスチック(Airborne MicroPlastics; AMPs)は人体摂取経路としても,地球規模の汚染経路としても重要性が指摘されている.本講演では,環境研究総合推進費で取り組んできたAMPsの採取および分析手法開発,国内外の実態解明,健康影響について得られた知見を紹介する.

海洋における生分解性プラスチック試験とアンダマン海・タイ湾の海岸砂に含まれるマイクロプラスチックの定量化

タイ科学技術研究所(TISTR) 材料生分解試験室長
Dr. Anchana Pattanasupong 氏

1. はじめに
2. TISTRの生分解性試験センター
3. 海洋におけるプラスチックの生分解性
4. タイの海岸砂に含まれるマイクロプラスチック

マイクロプラスチックと人間:暴露の証明と危険の仮説

マルケ工科大学 生命環境科学部研究員(イタリア・アンコーナ市)
Dr. Valentina Notarstefano 氏

マイクロプラスチックは、人間の健康に対する新たな汚染物質です。本セミナーでは、マイクロプラスチックの人体への曝露と影響について、現在入手可能な情報の中から簡単にご案内します。まず、簡単なイントロダクションとして、マイクロプラスチックについて、その性質、組成、動物や人間の健康に害を及ぼす可能性のある暴露源について説明します。次に、マイクロプラスチックが動物や人間の生物に取り込まれるとどうなるかに焦点を当て、マイクロプラスチックによる人間の組織や体内の汚染について、文献から得られた証拠のいくつかを報告します。 最後に、マイクロプラスチックが引き起こす有害な影響について、動物やヒトの細胞を用いたいくつかの研究を用いて説明します

食品

よりおいしいご飯を食卓へ「米の食味とその評価」

新潟薬科大学/応用生命科学部 特任教授
大坪 研一 氏

米のおいしさとその評価方法について紹介する。例として、タンパク質含量や澱粉微細構造の測定、米粉の酵素活性の測定及び糊化特性の評価、米飯の物性測定および呈味成分測定などが挙げられ、これらの測定値を説明変数とする多変量解析によって食味を推定する。

炊飯米評価に関する分析及び、業態別の提案について

伊藤忠食糧/米穀本部米穀サポートチーム
安藤 美紀子 氏

業態により求められるご飯の状態は様々である。顧客が求める状態をいかに数値化するかは私たち実需者にとって永遠のテーマである。当社は検査機器を駆使し、独自の数値展開を実施したり顧客からの要望に合った検査方法を作り出したりしている。今後も業態に合わせた提案ができるような検査方法を模索していく。

量子

DX

ロボットとAIが実現する研究の自動化・遠隔化

ロボティック・バイオロジー・インスティテュート/取締役
夏目 徹 氏

パンデミック、コロナ禍、ロックダウンが現出し、テレワークが現実の生活として社会に浸透するとともに、自動化・遠隔研究が希求の事項となった。本講演では自動化・遠隔化が生み出す真の価値を議論し、ライフサイエンスにAI・機械学習を実装するためのデジタル・トランスフォーメーション(DX)の実体であることを論じる。また、煩雑で変更の多いライフサイエンスの作業を自動化するための戦略と、AIとの融合事例も紹介する。

デジタル化と自動化による研究開発加速に向けた取り組み

三菱ケミカル/Science & Innovation Center, Materials Design Laboratory 主任研究員
田邊 祐介 氏

三菱ケミカルでは自動実験設備や高性能計算機を導入し、デジタル化と自動化による研究開発加速に向けて取り組んでいる。講演では、産総研との共同研究によるハイスループット装置×ベイズ最適化の活用を鍵とする自律的な高速触媒反応開発事例を紹介する。具体的には自動装置の使いこなし、実験機器からのデータETLにおいて直面した課題と解決策について述べた後、ベイズ最適化を活用したその成果と将来展望について発表する。

LADS OPC-UA : 研究・分析機器のための「共通言語」

SPECTARIS LADS OPC UA ジョイントワーキンググループ 最高技術責任者
Dr. Matthias Arnold 氏

現在、実験・分析機器を情報ネットワークに統合することが課題となっています。これらの機器は、ベンダー固有の通信プロトコルを使用していることが多く、実験・分析領域のデジタル化を妨げています。
幸いなことに、解決策が目前に迫っています。LADS OPC UAのコンパニオン仕様は、2023年秋に発行される予定です。これは、実験・分析機器のワークフローへの統合を簡素化することを目的としており、遠隔監視・制御、ワークフローオーケストレーション、結果管理、サービス・資産管理などの重要なユースケースに対応しています。デジタル化と自動化を可能にすることで、LADSは既存の障壁を克服します。
実験・分析機器向けの通信仕様を設計する際の主な課題の1つは、機器の種類が多様であることです。この課題に取り組むため、LADSは、機器タイプにとらわれないモデリングなど、さまざまな設計原則を採用しています。
LADSは、安全で広く受け入れられている産業用標準であるOPC UAをベースにしています。また、OPC UA Companion Specificationとして正式に発行され、OPC UA準拠機器/システムとの互換性と相互運用性を確保します。
今回の講演では、多様なOPC UAエコシステムを利用して、実験・分析機器と協働ロボットや移動型ロボットの統合の例をご紹介します。これにより、LADS OPC UAがラボ設備運用の自動化と効率向上のためにどのような力を発揮するかをお示しします。

LabDX

ヘルスケアDX

カテゴリ無し

鉄鋼・非鉄金属

電子材料・半導体

セラミックス・誘導体・液晶

紙・パルプ・繊維・インク・染料

意外と知られていないGC-TQMSのシングルQMSモード

ガスクロマトグラフ三連四重極質量分析計(GC-TQMS)JMS-TQ4000GC UltraQuadTM TQは、MS/MSモードによる微量成分の定性・定量解析に加えて、シングルQMSモードにより、GC-QMSとして使用することが可能です。例えば、HSと組み合わせたシングルQMSモードによるVOC測定では、水質検査が要求する感度・再現性を満たすことができます。

本発表では、従来のGC-QMSとの比較を行うと共に、シングルQMSモードを用いた環境から材料までの幅広いアプリケーションについて紹介いたします。さらに、MS/MSモードの有効性についても紹介いたします。

環境(大気・水質・土壌)

意外と知られていないGC-TQMSのシングルQMSモード

ガスクロマトグラフ三連四重極質量分析計(GC-TQMS)JMS-TQ4000GC UltraQuadTM TQは、MS/MSモードによる微量成分の定性・定量解析に加えて、シングルQMSモードにより、GC-QMSとして使用することが可能です。例えば、HSと組み合わせたシングルQMSモードによるVOC測定では、水質検査が要求する感度・再現性を満たすことができます。

本発表では、従来のGC-QMSとの比較を行うと共に、シングルQMSモードを用いた環境から材料までの幅広いアプリケーションについて紹介いたします。さらに、MS/MSモードの有効性についても紹介いたします。

image photo
【LC】分析のトラブルも怖くない!(FAQ)

LCで発生しやすい主要トラブル「ピーク形状・保持時間・面積値」について、発生原因と対処方法を解説致します。
また、トラブルを未然に防ぐ予防策やお役立ち製品についても併せて紹介いたします。

image photo
イオンクロマトグラフィーに適した水と汚染管理

【講演】「イオンクロマトグラフィーに適した水とは」
・水質規格のご紹介「A4グレード」で本当に安心?
・汚染が及ぼす影響とは?(TOC/微粒子/バクテリア等)
・汚染を防ぐためには?

【トークディスカッション】「分析と汚染の管理」
・実験器具の洗浄方法
・溶離液の管理
・コンタミネーション 等

逆相カラムと溶離液の選択

JASIS Webexpo2023の新技術説明会の動画です。
9月ごろに新しい動画に入れ替えます。

環境(廃棄物)

創薬・製薬

image photo
【LC】分析のトラブルも怖くない!(FAQ)

LCで発生しやすい主要トラブル「ピーク形状・保持時間・面積値」について、発生原因と対処方法を解説致します。
また、トラブルを未然に防ぐ予防策やお役立ち製品についても併せて紹介いたします。

image photo
イオンクロマトグラフィーに適した水と汚染管理

【講演】「イオンクロマトグラフィーに適した水とは」
・水質規格のご紹介「A4グレード」で本当に安心?
・汚染が及ぼす影響とは?(TOC/微粒子/バクテリア等)
・汚染を防ぐためには?

【トークディスカッション】「分析と汚染の管理」
・実験器具の洗浄方法
・溶離液の管理
・コンタミネーション 等

逆相カラムと溶離液の選択

JASIS Webexpo2023の新技術説明会の動画です。
9月ごろに新しい動画に入れ替えます。

食品

意外と知られていないGC-TQMSのシングルQMSモード

ガスクロマトグラフ三連四重極質量分析計(GC-TQMS)JMS-TQ4000GC UltraQuadTM TQは、MS/MSモードによる微量成分の定性・定量解析に加えて、シングルQMSモードにより、GC-QMSとして使用することが可能です。例えば、HSと組み合わせたシングルQMSモードによるVOC測定では、水質検査が要求する感度・再現性を満たすことができます。

本発表では、従来のGC-QMSとの比較を行うと共に、シングルQMSモードを用いた環境から材料までの幅広いアプリケーションについて紹介いたします。さらに、MS/MSモードの有効性についても紹介いたします。

image photo
【LC】分析のトラブルも怖くない!(FAQ)

LCで発生しやすい主要トラブル「ピーク形状・保持時間・面積値」について、発生原因と対処方法を解説致します。
また、トラブルを未然に防ぐ予防策やお役立ち製品についても併せて紹介いたします。

image photo
イオンクロマトグラフィーに適した水と汚染管理

【講演】「イオンクロマトグラフィーに適した水とは」
・水質規格のご紹介「A4グレード」で本当に安心?
・汚染が及ぼす影響とは?(TOC/微粒子/バクテリア等)
・汚染を防ぐためには?

【トークディスカッション】「分析と汚染の管理」
・実験器具の洗浄方法
・溶離液の管理
・コンタミネーション 等

逆相カラムと溶離液の選択

JASIS Webexpo2023の新技術説明会の動画です。
9月ごろに新しい動画に入れ替えます。